ページトップ
ページ本文

エコツアー(令和3年度)

更新日 : 2022年1月5日

 北九州市では、北九州市環境基本条例の「自然環境の保全及び自然とのふれあいの推進」に基づき、市民と自然とのふれあいを推進しています。

 また、平成28年3月に策定した「第2次北九州市生物多様性戦略(2015年度-2024年度)」では、「自然とのふれあいを通じた生物多様性の重要性の市民への浸透」を5つの基本目標の一つとし、自然環境にふれあう機会の創出を方向性として、「エコツアー(自然環境講座)」を施策とし、自然とのふれあいの場を提供し、生物多様性の重要性が市民に理解され浸透するように、取り組みを進めています。

実施予定および結果

令和3年度の実施予定および結果は以下のとおりです。(令和4年1月4日現在)

令和3年7月24日(土曜日) カブトガニ産卵観察ツアー

令和3年10月23日(土曜日) 平尾台ツアー「平尾台の秋を感じよう」

令和3年11月20日(土曜日)「すごいぞ!北九州の自然(曽根干潟編)」

随時 響灘ビオトープエコツアー

詳細は以下をご覧ください。

「カブトガニ産卵観察ツアー」

 日本有数のカブトガニの産卵地である曽根干潟において、専門家による解説を行っていただき、希少な生き物を学ぶ機会を設けました。

 残念ながら産卵の様子は観察できませんでしたが、潮が引いた場所で干潟の生きものを観察したり、野鳥の観察を行いました。

  • 日時    令和3年7月24日(土曜日) 9時から12時
  • 場所    小倉南区曽根干潟
  • 参加人数  26人
  • 内容    以下の報告書をご覧ください。
説明の様子
説明を受けている様子
砂浜での観察
何がいるだろう?

平尾台ツアー「平尾台の秋を感じよう」

 日本三大カルストの一つでもある「平尾台」をガイドの方と散策し、秋の野草や平尾台の成り立ちを学びました。

 以下のとおり実施しました。

  • 日時    令和3年10月23日(土曜日) 8時30分から13時
  • 場所    小倉南区平尾台
  • 参加人数  22名
  • 内容    以下の報告書をご覧ください。
散策しながら説明を受けている様子
説明を受けながらの散策
岩の写真
この岩は・・・

「すごいぞ!北九州の自然(曽根干潟編)」

 北九州市を代表する自然環境である曽根干潟で、専門家の説明を受けながら野鳥観察を行い、自然環境への関心を高めました。

 以下のとおり実施しました。

  • 日時    令和3年11月20日(土曜日) 8時50分から13時
  • 場所    小倉南区曽根干潟
  • 参加人数  29名
  • 内容    以下の報告書をご覧ください。
曽根干潟に飛来する野鳥の説明を受けている様子
曽根干潟に飛来する野鳥の説明を受けました
干潟での野鳥観察に向かう様子
干潟での野鳥観察に向かっています

「響灘ビオトープエコツアー」

 廃棄物処分場跡地にできた響灘ビオトープには、様々な生き物が暮らしています。そんな生き物たちの生命の循環や私たちの生活と切り離せない関係について考える機会となる「エコツアー」を実施しています。

 響灘ビオトープにて、随時実施しています。詳細は響灘ビオトープにお問い合わせください。

 響灘ビオトープホームページはこちら(響灘ビオトープホームページ(外部リンク))

 令和2年度までの実施結果はこちら(響灘ビオトープエコツアー

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。