ページトップ
ページ本文

臓器提供について

  臓器提供とは、脳死下あるいは心臓が停止した死後に臓器を摘出し、日本臓器移植ネットワークに登録して移植医療を待っている患者さんに提供することです。
  提供できる臓器には「心臓」・「肺」・「肝臓」・「腎臓」・「すい臓」・「小腸」・「眼球」があります。そのうち、心臓が停止した後でも提供できる臓器は「腎臓」・「すい臓」・「眼球」です。

意思表示の方法

 臓器を「提供する」、「提供しない」の意思表示を行うには大きく分けて下の3つの方法があります。

   なお、臓器は、脳死下あるいは心臓が停止した死後に提供することができますが、脳死下での臓器提供には原則15歳以上の方が、書面による意思表示をしておくことが必要です。また、意思表示の不明な方あるいは臓器提供拒否の意思表示をしている方以外の判断は家族又は遺族にゆだねられます。
  15歳未満の小児に関しては書面による「提供」の意思表示はできませんが、今回の法改正により年齢に関係なく「拒否」の意思表示はできることになりました。

(平成22年7月17日施行)

1 インターネットによる意思登録

  日本臓器移植ネットワーク(外部リンク)のホームページを通じて登録できます。
   日本臓器移植ネットワークに登録されるので最も有効な方法といわれています。
   一旦登録した意思表示であっても、いつでもホームページから変更できます。
 ※詳細及び登録は日本臓器移植ネットワークのホームページをご覧ください。

2 意思表示カードへの記入

  家族とよく話し合った上で、意思表示カードに正しく記入、署名し、携帯することが必要です。記入の際には、カードについている説明書をよくお読みください。
  ※詳細及び登録は日本臓器移植ネットワーク(外部リンク)のホームページをご覧ください。

意思表示カード設置場所

    各区役所総務企画課・保健福祉課、保健所、郵便局、運転免許試験所、コンビニエンスストアなどに設置されています。

3 健康保険証・運転免許証・マイナンバーカードの意思表示欄への記入

 お手元の健康保険証、運転免許証やマイナンバーカードにすでに意思表示欄がある場合は、記入、署名しておけば、インターネット登録や意思表示カードと同じく有効な意思表示として取り扱われます。

※その他、臓器移植・臓器提供に関する詳細情報やお問い合わせ
公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク
〒108-0022東京都港区海岸3-26-1バーク芝浦12階
電話:03-5446-8800 FAX:03-5446-8818

このページの作成者

保健福祉局健康医療部地域医療課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2678 FAX:093-582-2598

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。