ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 結核 > 結核指定医療機関について
ページ本文

結核指定医療機関について

更新日 : 2019年8月9日

 結核指定医療機関については、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下「感染症法」といいます。)第38条に基づいて、開設者の同意を得て、北九州市長が指定します。

新たな指定医療機関の申請

 新たに感染症法第38条第2項の規定による指定医療機関の指定を受けようとする病院、診療所、薬局の開設者等(以下、医療機関等といいます。)におかれましては下記の結核指定医療機関指定申請書に所要事項を記入の上、保健所保健予防課に提出してください。
 なお、すでに指定を受けた医療機関等であっても、次の理由に該当する場合には改めて指定の申請が必要です。(辞退→新規申請が必要です。)
 (1)医療機関が個人から法人になった場合、また法人から個人になった場合
 (2)診療所を病院に、病院を診療所に変更した場合
 (3)医療機関等を移転した場合(医療機関の増改築による仮移転を含む)

指定医療機関の辞退

 指定を辞退しようとする医療機関等は、30日前までに下記の結核指定医療機関辞退届に「医療機関指定書(紛失した場合は医療機関指定書紛失届)」を添付して、保健所保健予防課に提出ください。
 なお、次の理由に該当する場合は辞退届の提出が必要です。
 (1)医療機関等が個人から法人になった、また法人から個人になった場合(辞退→新規申請の届出が必要です)
 (2)医療機関等が診療もしくは業務の全部を停止する場合
 (3)医療機関等を移転する場合(辞退→新規申請の届出が必要です)

指定書記載事項の変更

 既に指定を受けた医療機関等が次の理由に該当する場合は、下記の結核指定医療機関変更届に「医療機関指定書(紛失した場合は医療機関指定書紛失届兼再発行願)」を添付して、保健所保健予防課に提出してください。
(1)医療機関等の名称を変更した場合(医療機関等の規模、内容、施設等に変更のあった場合を除く)
(2)住居表示の変更等により、医療機関等の所在地名の呼称及び地番に変更があった場合
(3)開設者が変更になった場合
(4)婚姻、養子縁組、法人の名称変更等により、開設者名に変更があった場合
(5)開設者の住所に変更があった場合

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健予防課
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8711 FAX:093-522-8775

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。