ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > (新型コロナウイルス)陽性と診断された方へ
ページ本文

(新型コロナウイルス)陽性と診断された方へ

更新日 : 2022年5月20日
ページ番号:000157453

保健所では、医療機関からの発生届が提出された陽性者の方へ順次ご連絡しております。

現在、感染者数が増加しており、陽性判定を受けた方への連絡に時間を要することがあります。

医療機関から陽性の連絡を受けた後、3日経過しても保健所から連絡がない場合は、保健所へお名前、電話番号をご連絡いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の方は、症状の急変時に適時適切な対応を行えるよう、また大切なご家族や友人等に感染させることのないよう、症状の有無によって入院又は宿泊療養施設への入所をしていただきます。

療養を証明する書類の発行について、現在、感染急拡大の影響により発行までお時間をいただいております。
申請・療養終了から1か月以上かかる場合もございますのでご了承ください。

1 療養の流れについて

1. PCR検査・抗原検査で陽性

  • 検査を受けた医療機関から検査結果の連絡がご本人にあります。
  • 医療機関以外の検査機関での検査結果が保健所に報告されることはありませんので、陽性となった場合は医療機関への受診が必要です。まずは、かかりつけ医または近医にご相談ください。
  • 受診先が分からない場合は   

    北九州市新型コロナウイルス相談ナビダイヤル
    電話番号 0570-093-567

2. 発生届

医療機関(医師)が、新型コロナウイルス感染症と診断した場合、医療機関(医師)から保健所に発生届が提出されます。

3. 保健所から連絡、療養先調整、濃厚接触者の確認

  • 保健所から発生届に記載のある電話番号へご連絡し、【療養についてのご案内】及び【発症日の特定と体調の経過】、【行動状況】等についてをお尋ねします。保健所の電話回線が混みあっている場合は、携帯電話から連絡する場合があります。
  • 順次ご連絡をしますので、保健所から連絡があるまで、感染対策(マスクの着用、人との接触を避ける)をして、しばらくお待ちください。
    (注)発生届の記載事項に誤りがある場合は、保健所からの連絡が遅くなることがあります。
  • 現在、感染が急拡大しており、保健所では新規陽性者の皆様、医療機関、高齢者施設、障がい者施設へ重点的に対応しています。そのため、保健所から、濃厚接触者となった方への連絡は行っていません。陽性者の方から、直接、濃厚接触者の方に伝えていただいています。

4. 療養

(注)このチラシはパルスオキシメーターの送付の際に同梱しております。生活支援物資をご希望の自宅療養者はチラシに記載の番号へ電話もしくはショートメッセージにてご連絡ください。

5. 療養の終了

  • 退院は、治療内容や症状等により主治医の判断に従ってください。
  • 退院(退所)基準については、「発症日から10日経過し、かつ症状軽快後72時間経過していること」とされています。症状のない方は、発症日を陽性が確定したPCR検査等の検体採取日から10日間経過した時点で、療養期間終了となります。
  • 療養解除基準について、厚生労働省からの事務連絡(令和4年1月28日)により、無症状患者(オミクロン株の感染)は、検体採取日から「7日間経過」した場合には、療養解除が可能となりました。なお、10日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を徹底してください。
  • ただし、症状が続いている場合などは、必要に応じて入院期間または療養期間が延長になる場合もあります。
  • 退院、退所時にPCR検査による陰性確認は行いません。
    (注)療養終了(退院)の詳しい内容については「退院基準・解除基準の改定(厚生労働省)(PDF形式:135KB)」をご覧ください。
  • 療養終了後に勤務等を再開するにあたって、職場等に、陰性証明を提出する必要はありません。

【参考】感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第 18 条 に規定する就業制限の解除に関する取扱いについて(厚生労働省新型コロナウイルス感染症 対策推進本部事務連絡 令和2年5月1日令和4年1月31日一部改正)(PDF形式:160KB)

2 積極的疫学調査について(ご協力のお願い)

陽性と診断された方と濃厚接触をした方を把握するため、保健所が行動状況などの聞き取りを行います。感染拡大防止対策や濃厚接触者の方への検査のご案内につながりますので、ご協力をお願いします。
なお、現在、感染が急拡大しており、保健所では新規陽性者の皆様、医療機関、高齢者施設、障がい者施設に重点的に対応しています。そのため、保健所から濃厚接触者となった方への連絡は行っていません。濃厚接触者が確定したら、陽性者から直接濃厚接触者に連絡をしていただくようお願いしています。

(聞き取り内容の例)

  • 症状が出始めた時の症状、その後の経過
  • 症状の出た日の2日前から診断されるまでの行動や接した人
  • 感染したかもしれないという心当たりの有無  など

3 自宅療養者や入院・入所までの過ごし方

定期的に保健所より健康観察のためにご連絡させていただきます。その際に、体温や症状などをお聞かせください。

療養先の病院や宿泊療養施設は、北九州市が個別に調整します。宿泊療養施設については、別途保健所から案内いたします。

療養先の調整に時間を要する場合等、ご自宅で待機していただくことがあります。
また、やむを得ずご自宅を離れることができない場合など、ご自宅で過ごしていただくこととなります。
ご自宅にいらっしゃる際の留意点については、こちらをご覧ください。「新型コロナウイルス感染症 自宅療養者のみなさまへ」(PDF形式:1.2MB)

宿泊療養施設について詳しくは、福岡県ホームページ「新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養施設利用のしおり及び同意書のご案内」(外部リンク)をご覧ください。

生活上の注意点

1. 朝と夜の1日2回検温をし、体調を注意深く観察してください

2. 外出や周囲の方との接触は避けてください

  • 感染拡大防止のため、ご本人は外出せず、自宅で過ごしてください。自宅内でも必要最小限の行動にとどめてください。
  • ご家族など同居の方も、生活上必要な外出を除き、不要不急の外出は控えましょう。外出する場合はマスクを着用してください。
  • 外部からの不要不急の訪問者は受け入れないようにしましょう。

3. 同居者がいる場合は、下記の点に注意してください

  • 家庭内では、タオルの共用を避け、可能な限り空間を分けて生活してください。
  • 咳エチケット、石けんと流水での手洗い、アルコール消毒を心がけてください。
  • 手を触れる共用部分は、濃度70%のアルコールまたは次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。
  • 鼻をかんだティッシュは、すぐにビニール袋に入れ、密封して廃棄してください。

こころのケアに関する事

陽性告知に直面し、精神的に不安定になることは、決して特別なことではありません。北九州市では、陽性告知を受けた方及びご家族の方のご相談を受け付けています。「つらい気持ちを誰かに話す」、「相談する」ことでつらさが和らぐことがあります。詳しくは、下記の案内チラシをご覧ください。

北九州市立精神保健福祉センター
電話 093-522-8729 (月曜日から金曜日 8時30分から17時15分。祝日・年末年始を除く)

4 退院、退所後の生活について

退院、退所時点では、他の人への感染性はないと考えられますが、稀な事例として、退院、退所後に再度新型コロナウイルスが陽性となる方が確認されています。そのため、退院、退所後4週間は以下の点に留意いただきますようお願いします。

1. 一般的な衛生対策を徹底してください

  • 石けんやアルコール消毒液を用いて手洗いをして下さい。
  • 咳エチケット(マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って口や鼻を押さえる、マスクの着用等)を守ってください。

2. 健康状態を毎日確認してください

  • 毎日、体温測定を行い、発熱(37.5℃以上)の有無を確認してください。

3. 体調不良がある場合は、かかりつけ医北九州市新型コロナウイルス相談ナビダイヤル
 
(電話0570-093-567)にご連絡ください。

4. 新型コロナウイルス感染症感染者の隔離解除後のPCR検査について

5 療養期間を証明する書類の発行について

陽性判明日が令和4年3月24日以降の方

療養期間終了後、順次書類をお送りします。あらためて申請いただく必要はありませんので、書類がお手元に届くまでお待ちください。

陽性判明日が令和4年3月23日以前の方

書類の発行をご希望の方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
(お問い合わせ先)
保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療対策部感染症医療対策課
電話 093-522-8711 (月曜日から金曜日 8時30分から17時15分。祝日・年末年始を除く)

療養期間をお知らせする文書の発行について(PDF形式:394KB)

(注)療養期間として証明できる期間は、新型コロナウイルス感染症の検査の結果陽性が判明し、医師が新型コロナウイルス感染症と診断した日から自宅療養が解除されるまでの期間です。

6 国・県・市の支援策について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による休業や子どもが濃厚接触者になり勤務できなくなった場合に、休業手当を受けることができなかった方に対する休業支援金、療養のため仕事を休み給与等が支給されなかったときの手当金など、国・県・市の給付金・貸付金等の情報を掲載しています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療対策部感染症医療対策課
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8711 FAX:093-522-8775

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。