ページトップ
ページ本文

第10回北九州市3R活動推進表彰受賞者の紹介

更新日 : 2018年5月25日

第10回北九州市3R活動推進表彰の受賞者の取組みを紹介します。

1 3R活動推進賞

受賞者【リデュース賞】:食生活改善推進員 本城グループ

 食生活改善推進員として、食を通じた3R活動に関する普及活動を行っており、料理教室等では、生ごみをなるべく出さないことと、無駄な買い物をしないこと、3切り運動(使い切り、食べ切り、水切り)の実施等を推進しています。
 また、生ごみコンポストの普及のため、料理教室で出た生ごみを堆肥化するとともに、コンポスト化講座を主催し、地域の幼稚園へはコンポストの使用を勧めています。
 地域で広がった3R活動が、益々広がっていくよう、これまでの活動を継続し、出会った方へのフォローと新たな普及に努めたいと考えています。

生ごみの堆肥化を行っている様子です。

受賞者【リユース賞・リサイクル賞】:北九州市立鳴水市民センター

 市民センターを拠点として、3R活動の意識の向上に積極的に取り組んでいます。節電への取組として、小学校PTAとの連携や市民講座の開催など、機会を捉えて啓発活動を実施しています。また、市民センターで、子供服やおもちゃ、マタニティー用品、中学校の制服などの交換会を実施し、さらに、子ども菜園事業としての生ごみコンポストの使用や、センターまつりでの古布リサイクル品等のバザー販売などを行っています。
 今後も、大人から子供まで、地域の誰もが無理なくできる継続性のある活動を心がけたいと考えています。

古布リサイクル品等のバザー販売の様子です。

受賞者【リサイクル賞】:中原保育園

 牛乳パック、リングプル、ペットボトルキャップの回収をしていましたが、子ども達がもっとエコを身近に感じ、意識できるよう保育に取り入れ、行事ごとに発表しています。
 牛乳パック等、使える物からのおもちゃづくりで、物を大切にすることを伝え、食育活動を通しては、残食を無くす努力をしています。また、子ども達の目に付く場所に再生マークのついたものを展示して、家庭で話題がでるようにしています。
 今後も3R活動を継続できるよう年間計画を立て、押し付けではなく喜んで参加できる環境をつくり、子ども達や保護者へ伝えていきたいと考えています。

3Rについて、勉強したことを園長先生に話している様子です。

受賞者【奨励賞】

受賞者 活動内容
食品ロス削減学生プロジェクト  自転車で走りながらの食品ロス削減PR、他都市の情報の共有、エコライフステージでのブースの出展、余った食品を活用する料理教室の開催、大学祭での発表及び幼稚園での啓発等、食品ロス削減に関する活動を行っています。
北九州市立中原小学校  ものづくり(鉄)の社会授業から、実際の資源有効活用を自分達の体験から学ぶことを発想し、スタートしました。児童の自宅から出る缶の収集者や雨水タンクを利用した花の水やり等を行っています。
北九州市立折尾保育所  約40年前から、牛乳パックやダンボールを再利用し、保育で使う分別箱や子ども用椅子、玩具などを作っています。
 また、約10年前から、空き缶やプルタブ、ペットボトルのキャップなどの回収を行っています。
社会福祉法人いわき福祉会
はつねほいくえん
 4年前から、牛乳パックやペットボトル、ダンボール等を再利用し、身近な生活用品に活用しています。
 また、ペットボトルキャップは、民間事業者が実施する、世界の子どもにワクチンを届ける取組に協賛し、回収を行っています。
八幡西区食生活改善推進員
協議会
 区内の市民センターを中心に、17会場で生ごみコンポストを作り、その堆肥を活用して野菜を栽培しています。
 また、食べ残しゼロ推進の視点から、食材を使い切るリデュースクッキングをすすめています。

特別賞 (2団体合同受賞)

受賞者 活動内容
青い地球の会ブルーアース・
北九州市立藤木小学校

[青い地球の会ブルーアース]
 ESDの視点を取り入れた学習プログラムの開発及び実践を藤木小学校等で行っており、現在は、特にリデュースを目的とした活動プログラムを実施しています。

[藤木小学校]
 ゴミを減らすために、自分たちにできることを考え、青い地球の会ブルーアースによる協力のもと、ESDの視点を取り入れたうえで、段ボールコンポストを行っています。

※「青い地球の会ブルーアース」と「藤木小学校」は、連携して一体となった活動を行っていることから、ニ団体合同で特別賞の受賞となります。

古紙リサイクル賞(6団体)

団体部門(自治会・子ども会など)

回収量の前年度比を基に3団体を選出

受賞団体 実績
早稲田老人会 回収量の前年度比が246.0%
ロイヤル町内会 回収量の前年度比が167.7%
北九州子ども劇場小倉南ブロック 回収量の前年度比が159.9%

校区部門(まちづくり協議会)

回収量の前年度比を基に3団体を選出

受賞団体 実績
庄司まちづくり協議会 回収量の前年度比が215.9%
中原まちづくり協議会 回収量の前年度比が111.9%
湯川まちづくり協議会 回収量の前年度比が110.4%

資源化・減量化優良事業所賞(4団体)

事業系ごみの総排出量の前年度比やリサイクル率を基に4団体を選出

受賞団体
西松屋フレスポ黒崎店 アクロスプラザいとうづ
北九州東京海上日動ビルディング 株式会社 ブリヂストン北九州工場

このページの作成者

環境局循環社会推進部循環社会推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2187 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。