ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > ごみ・リサイクル > 計画・取組 > 取組 > 北九州市3R活動推進表彰 > 第12回北九州市3R活動推進表彰受賞者について
ページ本文

第12回北九州市3R活動推進表彰受賞者について

更新日 : 2020年11月27日

第12回北九州市3R活動推進表彰の受賞者と、その取組みを紹介します。

3R活動推進賞

企救丘校区環境衛生協会

企救丘校区環境衛生協会

 毎年校区で開催している夏祭りやバザーでは、大量のプラスチックごみや食べ残しなどが散乱している状況がありました。校区のスローガンである「声かけて子どもの育つ企救丘」のもと、ごみの減量に向けて子どもから大人まで一緒に活動ができないかと始めたのがイベントごみの散乱をゼロにする「デポジット制」と「マイ箸・マイ椀」 「マイバック」の持参です。

 工夫として「地域最善線!?ひろし君がいく」という絵本を作成し小学校・幼稚園・病院に配布。また、絵本の朗読動画を「キタキュウ地域・人づくりチャンネル」に登録し、地域住民への周知に努めています。

 いまでは、会場内外のごみの散乱を抑制することができ、校区住民の環境への意識の高まりを感じています。

チーム広徳

チーム広徳

 コンポストアドバイザーとして活動しています。作った堆肥を活用する場所を探していたところ、校長先生より小学校の畑を使うように声をかけていただきました。

 平成28年からは、学校給食の残菜を譲ってもらい、コンポスト堆肥を作り野菜を栽培しています。

 はじめは一人で頑張っていましたが、徐々に手伝ってくださる方が増えてきました。作業をしていると、子どもたちが興味を持ってくれるので、コンポスト堆肥の説明をしています。また、作った野菜は、学校や地域の方々に配り、地域で循環させています。

 これからも少しづつ、ともに活動する人を増やしていきたいと思っています。

鞘ヶ谷・福柳木地区環境衛生協会

鞘ヶ谷・福柳木地区環境衛生協会

 平成19年より地域のまちづくり活動として、廃食用油を再生利用した環境にやさしい石けんづくりを始めています。

 廃油は地域の方から市民センターに持ち込んでもらい、出来た石けんと交換しています。また、祭りや文化祭、市民センターで販売し、売上金は、ユニセフに寄付しています。

 石けんにEM菌を入れることで、「肌にも環境にも優しいEMエコ石けん」として評判を呼んでいます。

 また、販売する石けんには、「EMエコ石けん」の特徴を書いた説明書を付け環境にやさしい石けんであることをアピールしています。

 今後は、他の地域の方々にも紹介できる場を広げ、地域全体の環境保全への意識向上を目指しています。

3R活動推進奨励賞

小倉工業高等学校保健委員会

福岡県立小倉工業高等学校 保健委員会

 コンタクトレンズの空ケース(プラスチック製)のリサイクルがあると知り、平成30年6月から開始しました。各クラスに空ケースを回収する容器を置き、空ケース回収運動の啓発ポスターを掲示しています。

 このリサイクル活動は、日本アイバンク協会へ寄付をするアイシティecoプロジェクトです。このプロジェクトに取り組んでいることを全校生徒にプリントを配り周知しています。

 また、ecoプロジェクトから届いた感謝状を全生徒に配布し、どのくらい量を回収したかを知らせています。

牟田口麻由子

牟田口麻由子

大きなことはできないけれど、身近なところから私にできることをしてみようと思い、家の中でできることから始めました。

  (1)衣類など布資源を大切にする。中古衣類の利用・寄付・余る布の活用など。

  (2)食材を大切にする。食べ残しを減らす。腐らせないように頂く。米のとぎ汁やティーパックの肥料活用。野菜の根の再利用。

  (3)紙資源の活用。新聞紙で作るごみ袋、子どもの余りノートの活用、梱包用段ボール・包装紙の活用など。

 子どもたちに、3R活動をより多く関わり、身近なものとして捉えてほしいと思っています。

古紙リサイクル賞

団体部門

回収量の前年度比を基に回収量から3団体を選出

受賞団体 回収量前年度比などの実績
清納四いきいきクラブ 回収量の前年度比が+158%
エクレール浅川管理組合 回収量の前年度比が+99%
戸畑青年協議会 回収量の前年度比が+72%

校区部門

回収量の前年度比を基に回収量から3団体を選出 

受賞団体 回収量前年度比などの実績
伊川まちづくり協議会 回収量の前年度比が+71%
藤ノ木校区まちづくり協議会 回収量の前年度比が+16%
陣山まちづくり協議会 回収量の前年度比が+10%

資源化・減量化優良事業所賞

総排出量前年比率、リサイクル率前年比等から6団体を選出

受賞団体
オフィス部門 小売部門
京阪埠頭海運株式会社新門司事務所 ホームプラザナフコ小倉北店
株式会社北九州ニッスイ サンキ小倉南店
東京海上日動火災保険株式会社北九州支店 マルショク千防店

このページの作成者

環境局循環社会推進部循環社会推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2187 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。