ページトップ
ページ本文

市役所業務に伴う温室効果ガス排出量

更新日 : 2022年8月26日
ページ番号:000164339

(1) 温室効果ガス排出量の概要

[排出量]

  • 2019(令和元)年度における市役所業務に伴う温室効果ガス排出量は、25.4万トン(二酸化炭素換算)

[前年度との比較]

  • 前年度の排出量と比べ、9.9%の減少

(2) 温室効果ガス排出量の動向

単位:万トン-CO2    

市役所業務に伴う温室効果ガス排出量

区分 2013年度 2017年度 2018年度 2019年度 前年度比 2013年度比
事務所、市民利用施設 11.0 7.1 7.6 5.2 -31.9% -53.3%
清掃工場、上下水設備 8.6 6.5 6.8 5.9 -12.7% -31.1%
公用車等 0.9 0.9 0.9 0.8 -3.0% -11.6%
道路照明等 1.3 1.0 1.1 1.0 -1.7% -17.2%
非エネ(ごみ焼却、下水処理) 14.1 11.9 11.9 12.4 4.4% -11.6%
合計 35.9 27.4 28.2 25.4 -9.9% -29.3%

注1 端数処理により合計が一致しない場合がある。

注2 地球温暖化係数の見直し等により、数値が変更される場合がある。

注3 2013年度:「北九州市地球温暖化対策実行計画」(計画期間:令和3年度から令和12年度)における基準年

このページの作成者

環境局グリーン成長推進部グリーン成長推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2286 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。