ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 住まい・上下水道 > 住宅 > 補助制度 > 住宅耐震改修等の補助事業 > 北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業
ページ本文

北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業

更新日 : 2022年8月12日
ページ番号:000002664

お知らせ

[令和4年4月1日]
・令和4年度の北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業の受付を開始しました。

[令和2年4月13日]
・新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間、郵送にて申請を受け付けます。
(ただし、申請書を郵送していただく前に、必ず下記連絡先までご連絡ください。)
また、申請書類に必要な書類がそろっていない場合は、申請受付ができませんのでご注意ください。
(申請にあたり、ご不明な点があれば、下記連絡先までご連絡ください)
 [連絡先]
・〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号13階
 北九州市役所建築都市局指導部建築指導課 093-582-2531

はじめに

 日本は世界でも有数の地震国です。
 地震はいつ、どこで起こるか分かりません。
 近年では、平成23年3月11日に発生した東日本大震災や平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、建築物の倒壊や火災、津波の発生などにより多くの人命や財産が奪われました。
 身近なところでは平成17年3月には福岡県西方沖地震、平成28年4月には熊本地震と、比較的地震が少ないと言われている場所でも大きな地震が発生し、多くの被害が出ました。
 北九州市も例外ではありません。
 福岡県地震に関するアセスメント調査報告書では、小倉東断層ではマグニチュード6.9、福智山断層ではマグニチュード7.0を想定しています。
 平成21年8月に起きた静岡沖地震では、建築物の損壊はあったものの、建築物の全壊・半壊が無かった、という事が大きく取り上げられましたが、これは、100から150年周期で起こると言われている東海地震に備えた予防策として、建築物の耐震化(耐震補強工事)が東海地方で進んでいる効果だと思われます。
 地震に強い家(安全な家)は、まちの安全にもつながります。
 このように、地震に備えた予防策(建築物の耐震化)は、決して無駄にはなりません。

補助事業の概要

 この事業は、地震発生時における住宅・建築物の倒壊などを防止し、震災に強いまちづくりを推進することを目的として、現行の耐震基準を満たさない木造住宅や分譲・賃貸マンション、特定建築物(診断義務化対象を含む)の耐震改修工事等に要する費用の一部を補助するものです。

要領、要綱、事業案内リーフレット

【木造住宅】耐震改修補助の申請等について

耐震改修等補助の申請等の詳細については、下記のHPへお願いします。

【木造住宅】耐震改修等補助(耐震シェルター含む)についてはこちら(内部リンク)

【マンション・特定建築物(幼稚園・病院等)】耐震改修補助の申請等について

耐震改修等補助の申請等の詳細については、下記のHPへお願いします。

【マンション・特定建築物(幼稚園・病院等)】耐震改修等補助についてはこちら(内部リンク)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部建築指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2531 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。