ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 住まい・上下水道 > 住宅 > 住宅をリフォームしたい > 住まいの安全安心・流通促進事業 > 空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業)
ページ本文

空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業)

更新日 : 2022年11月8日
ページ番号:000136510

お知らせ

5月16日に事前申込みの受付を開始します(先着順受付(予算額に達し次第、受付終了))。

11月8日追記:予算額に達したため、事前申込みの受付を終了しました。

これより、キャンセル待ちの受付を開始します。

申請のキャンセルが出次第、ご案内となりますので、ご希望の方は、電子申請フォームより申請してください。

令和4年度の事業内容を掲載しました。

令和4年度より、補助制度改定しました。

今年度からの改定内容について
  • 補助対象者を若者世帯・子育て世帯に限定。
  • 【若者世帯】申請者が39歳以下の世帯(事前申込時点)
  • 【子育て世帯】18歳未満の子又は妊娠している方がいる世帯(事前申込時点)
  • 若者・子育て世帯と同居・近居する親世帯も利用できます。
  • 【同居】親世帯の申請者が子世帯(若者世帯又は子育て世帯に限る)と同一の補助対象住宅に居住すること
  • 【近居】親世帯の申請者が市内の子世帯(若者世帯又は子育て世帯に限る)の居住地と同一小学校区または直線距離概ね4キロメートル以内の補助対象住宅に居住すること

 良質な住宅ストックの形成と活用を促進し、空き家の増加を抑制するため、耐震性能を有する(又は耐震改修工事を行う)中古住宅(既存住宅)を購入、賃借または相続(生前贈与含む)した若者世帯・子育て世帯を対象に、新たに自らが居住するためのエコや子育て・高齢化対応に資する改修工事費用の一部を補助します。

令和4年度空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業)リーフレット(PDF形式:1618kB)

申請については、以下の点にご留意ください。

  • 補助金の交付申請をされる方は、必ず事前申込みが必要です。
  • 補助金の事前申込みは、申請タイプにより、下記の期日までに申込みをする必要があります。
    (1)空き家取得後リノベ型・・・工事着手前まで
    (2)リノベ済空き家購入型・・・売買契約後1年以内
  • 補助金の事前申込みは電子申請フォームから行ってください。電子申請ができない場合は、事前にご相談下さい。
  • お問い合わせ及び書類申請受付時間は、午前9時00分から午後4時30分(月曜日から金曜日(祝日を除く))です。
  • 申請受付窓口は、北九州市建築都市局都市再生推進部 空き家活用推進課(市役所本庁舎13階)です。

申請手続きの流れ

申請手続きのページ

令和4年5月16日に事前申込みの受付を開始します(先着順受付(予算額に達し次第、受付終了))。

申請タイプ

 

空き家取得後リノベ型
中古住宅を取得し、リフォームする方はこちら

リノベ済空き家購入型
リフォーム済の中古住宅を購入された方はこちら

補助対象者

以下のいずれかに該当する方で、新たに自らが居住するために補助対象工事を実施する若者世帯・子育て世帯(同居・近居する親世帯も含む)

中古住宅を購入された方、借りた方

  • 中古住宅(既存住宅)を購入・賃借して、1年以内の方(事前申込時点)
  • 賃借の場合、所有者全員の同意が必要

既存住宅を相続・生前贈与して、新たに住まれる方

  • 相続・生前贈与した時期は問わない
  • 相続・生前贈与した住宅に現在お住まいになっていない、またはお住まいになってから1年以内の方(事前申込時点)
  • 生前贈与の場合は、3親等以内の親族からの贈与で、贈与の登記が必須

リノベーション済の中古住宅を購入された若者世帯・子育て世帯(同居・近居する親世帯も含む)

買取再販事業者(注1)が補助対象工事を実施した中古住宅(既存住宅)を新たに自らが居住するために購入して、1年以内の方(事前申込時点)

【共通事項】

  • 市税を滞納していない方
  • 暴力団員でなく、暴力団及び暴力団員と密接な関係を有しない方
補助対象住宅

市内の耐震性能のある(又は耐震改修を行う(注2))下記のいずれかに該当する中古住宅(既存住宅)

詳細は空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業)リーフレット(PDF形式:1618KB)をご覧ください。

(注1)買取再販事業者とは、中古住宅(既存住宅)を取得後、改修工事を実施して販売する市内業者をいいます。
(注)取得者の3親等以内の親族が補助対象工事を実施する場合も申請が可能です。
(注)中古住宅(既存住宅)とは、新築住宅(新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことがなく、建設工事の完了の日から起算して1年を経過していないもの)以外の住宅をいいます。
(注2)【空き家取得後リノベ型のみ】
耐震改修工事を行う住宅は、当事業と「北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業」の補助金を併用することができます。(最大100万円(補助率5分の4)の補助金がもらえます)(補助対象箇所が重複しないなどの条件あり)
詳細は北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業のページをご覧ください。

(注)以下の場合は、補助対象者に該当しません。

  • 同じ住宅にずっとお住まいの方が補助対象工事をされる場合
  • 相続・生前贈与された住宅に以前からお住まいの方が補助対象工事をされる場合

問い合わせ・申請窓口

北九州市 建築都市局 都市再生推進部 空き家活用推進課

【電話】 093-582-2777 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局都市再生推進部空き家活用推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2777 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。