ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 門司区 > 区のみどころ > 区の行事・まつり > 楠原踊(くすばるおどり)

楠原踊(くすばるおどり)

更新日 : 2019年8月28日

 楠原踊(市指定無形民俗文化財)は、10月15日頃(不定期)に甲宗八幡神社の秋祭において踊られています。昔門司港地区(一部除く)が楠原村と呼ばれていた時代、干ばつになると村人は甲宗八幡神社で、この踊りを奉納して雨乞いをしました。この踊りに用いられている地謡・狂言は、方言等も取り入れられ郷土色豊かで、踊りの所作は総体的に仕舞に似て優雅で、中世芸能の名残りを感じさせます。現在この楠原踊は、市内民俗芸能史での上でも非常に貴重なものとなっています。

楠原踊の写真

開催地

北九州市門司区旧門司一丁目(甲宗八幡神社)

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。