ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 門司区 > 区のみどころ > 観光・歴史・文化 > 門司港レトロ > 思ひ出ステーション門司

思ひ出ステーション門司

更新日 : 2020年5月27日

市内における新型コロナウイルスの感染状況等を踏まえ、思ひ出ステーション門司(関門海峡ミュージアム)は5月28日から再度臨時休館することとしました。

臨時休館の期間は5月28日から6月18日までを予定しています。ただし、市内の感染状況等によっては、予定期間終了前に再開する場合があります。

また、予定期間終了後も状況等により、引き続き休館する場合もあります。再開日は、決まり次第、市ホームページでお知らせします。

門司の古きよき時代の郷土資料や懐かしい写真を展示する「思ひ出ステーション門司」の紹介です。

令和2年5月25日(月曜日)から関門海峡ミュージアム海峡レトロ通り2階へ移転し再オープン。

思ひ出ステーション門司とは

 かつて港町として栄え、昭和30年代には16万人を超えていた門司区(門司市)の人口も今では10万人程度となりました。この間、多くの方々が就職・就学・転勤などで故郷門司を離れていきました。
 門司区内でも近年では子どもの減少とともに、小学校から高校まで多くの学校が統廃合されました。特に県立高校は四校全てが廃校となり、多感な時期を過ごした思い出深い学び舎も次第に姿を消しつつあります。
 一方、門司港では「レトロ」をキーワードとした整備が進み、多くの方々が訪れる北九州市を代表する観光地となっています。レトロ地区の雰囲気ある建物や街並の景色を通じ、門司に暮らす(あるいは、暮らした)私たち一人ひとりが心に宿す記憶や思い出なども見出すことがあるかもしれません。
 このような門司のみんなの記憶、そして失われつつある情景や郷土の歩みを廃校となった旧県立高校同窓会に残る資料展示や家庭に眠る懐かしい写真収集などを通じ共有・発信し、次の世代へ引き継いでいこうと思います。

場所

北九州市門司区西海岸一丁目3番3号

(関門海峡ミュージアム海峡レトロ通り2階)

開館時間 関門海峡ミュージアムに同じ
休館日 関門海峡ミュージアムに同じ
電話番号 093-342-9380

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。