ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 門司区 > 区政情報 > 各課からのお知らせ > 野生のサルについて

野生のサルについて

更新日 : 2020年9月29日

8月より、門司区内で、野生のサルの目撃情報が相次いでいます。
街中でサルを見かけたら、危険を避けるために以下のことに気をつけてください。

なお、サルに飼犬が襲われたとの情報がよせられていますので、ご注意ください。

1 近づかない

不用意にちかづくと襲われることがあります。とくに幼児などは危険です。

2 目をあわせない

目を見つめると、威嚇されたとサルが思い、襲われることがあります。

3 大きな声を出さない、驚かせない

サルの防衛本能を刺激させることになりますので、止めましょう。

4 絶対にエサを与えない、エサを見せない

人がエサをくれることを覚えるとサルがそこに居ついたり、周囲の人家に侵入するなど、地域全体に被害を引き起こす原因となります。また、エサとなるものを屋外に放置しないようにしましょう。

5 戸締りを徹底し、家への侵入を防ぐ

二階の窓からも人家の中に侵入することもあるので、十分注意しましょう。

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。