ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 商・工業振興 > 企業支援 > 令和元年度 北九州市産業用ロボット導入支援補助金(本年度の採択事業者は決定しました。)
ページ本文

令和元年度 北九州市産業用ロボット導入支援補助金(本年度の採択事業者は決定しました。)

更新日 : 2019年8月8日

 北九州市では、市内中小企業が経営の安定化や、競争力の強化を図るために産業用ロボットを導入又は更新する際の費用の一部を補助しています。

※令和元年度「北九州市産業用ロボット導入支援補助金」にかかる補助事業者の採択結果について
 令和元年度北九州市産業用ロボット導入支援補助金について、令和元年5月8日から令和元年6月14日まで公募を実施したところ、3件の応募がありました。応募のありました提案内容について、外部有識者等による審査会において審査した結果、下記のとおり採択事業者を決定しましたので、お知らせいたします。
【採択事業者】(五十音順)
(1)新北九州工業株式会社(北九州市門司区)
(2)立石紙工株式会社(北九州市八幡西区)
(3)千代田工業九州株式会社(北九州市八幡東区)

申請対象者

 次の要件を全て満たす企業が申請することが出来ます。

 (1)中小企業者または中小企業団体であること。
   (中小企業者のうち、大企業からの出資金が50パーセントを超える企業は対象外です。)
 (2)北九州市内に事業所を有していること。
 (3)専門家の指導を受けるなどし、生産性の向上に関する計画を作成したもの。
 (4)市税を滞納していないこと。
 (5)暴力団でないこと。又は暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

補助の対象となる事業

 北九州市内において、産業用ロボットを導入又は更新することにより生産性の向上を図る事業。

 ※生産性向上の例
  (1)作業人数の削減(20パーセント以上の省人化)
  (2)労働時間の短縮(20パーセント以上の労働時間短縮)
  (3)生産量の増大(20パーセント以上の生産量の増大)
  (4)生産コストの削減(20パーセント以上のコスト削減)  

補助の対象となる経費

 補助対象者が行う産業用ロボットの導入に要する経費で、補助金交付決定後の令和元年度内に事業着手し、令和元年度内に取得・支出する経費が補助の対象となります。ただし、補助対象者が従業員等に支払う直接人件費は含みません。

補助金額

 補助対象経費(消費税相当分を除く。)の2分の1に相当する額以内。ただし、市の予算の範囲内で1件あたり500万円を限度とします。

申請受付期間

 本年度の受付は終了しました。
(令和元年5月8日(水曜日)~令和元年6月14日(金曜日))
 
上記期間中に事業計画書類一式を北九州市産業経済局産業イノベーション推進室へご提出ください。
 (提出書類は下記よりダウンロードしてください。)

その他

 本事業や産業用ロボットの普及を図るため、本補助金の採択企業に対しては下記の事項を行っていただきます。

 (1)補助事業完了後3年間、市の求めに応じて、当該j補助事業の事業状況を確認します。
 (2)市が必要と判断した場合は、当該補助事業の成果発表を求めます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局産業イノベーション推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2905 FAX:093-582-1202

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。