ページトップ
ページ本文

水産物部 主要品目別取扱高

更新日 : 2021年6月21日

2020年の鮮魚の総取扱高は8,790トンです。

品目別の割合は、ぶり類10.6%、あじ類8.0%、養殖まだい6.3%、まぐろ類6.2%、さば類5.1%、かれい4.8%、いわし類4.2%、かき4.0%、その他50.9%です。

2020年の冷凍魚の総取扱高は892トンです。

品目別の割合は、えび20.1%、さば10.1%、かれい9.6%、あかうお7.2%、いわし5.4%、淡水魚4.1%、その他43.5%です。

2020年の塩干加工品の総取扱高は3,869トンです。

品目別の割合は、塩さけ43.9%、塩さば13.7%、塩あじ8.8%、塩ます7.0%、ちりめん6.7%、てんぷら6.6%、その他13.2%です。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。