ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 工芸品 > 【県指定】梵鐘 1口
ページ本文

【県指定】梵鐘 1口

【県指定】梵鐘
指定区分 県指定 有形文化財(工芸品)
文化財名称 梵鐘 1口
名称かな ぼんしょう
指定年月日 昭和34年3月31日
所在地 北九州市八幡東区東田二丁目4番1号 市立自然史・歴史博物館
概要 この梵鐘は明治44年(1911)12月、旧規矩郡大野庄井手浦西光寺跡とされた現在の井手浦浄水場(小倉南区)付近で、土中より発見されたものである。西光寺は大友宗麟の兵火で焼失し、その際梵鐘は掠奪から守るため埋められたと伝えられている。池の間の銘によると、この梵鐘は貫山権現に梵鐘を奉納した願阿の孫にあたる沙弥祖西が願主となり、鋳工安宗に鋳造させ、至徳2年(1385・北朝年号)8月、西光寺に奉納させたことがわかる。他の資料から鋳工安宗は小倉鋳物師であったと確定されている。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。