ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 無形民俗文化財 > 【県指定】和布刈行事
ページ本文

【県指定】和布刈行事

【県指定】和布刈行事
指定区分 県指定 無形民俗文化財
文化財名称 和布刈行事
名称かな めかりぎょうじ
指定年月日 昭和33年4月3日
所在地 門司区大字門司3492番地 和布刈神社
概要   和布刈神事は、門司区の北端に位置する和布刈神社に伝わる行事であり、新年の予祝行事として重んじられてきた。古くは秘儀とされており、和銅3年(710)に和布刈神事のわかめを朝廷に献上したことが記録に見られる。神事は毎年旧暦の元旦に行われ、午前2時から3時頃の干潮時に3人の神官がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って海に入り、わかめを刈り採って神前に供える。なお、文化財として指定されているのは、一連の神事のうち、わかめを刈り採る行事の部分である。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。