ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 建造物 > 【市指定】旧安川家住宅 本館棟1棟、大座敷棟1棟、南蔵1棟、北蔵1棟、洋館棟1棟 附 正門、塀、渡り廊下、棟札3枚、洋館棟家具9点
ページ本文

【市指定】旧安川家住宅 本館棟1棟、大座敷棟1棟、南蔵1棟、北蔵1棟、洋館棟1棟 附 正門、塀、渡り廊下、棟札3枚、洋館棟家具9点

更新日 : 2020年3月11日
【市指定】旧安川家住宅
指定区分 市指定 有形文化財(建造物)
文化財名称 旧安川家住宅 本館棟1棟、大座敷棟1棟、南蔵1棟、北蔵1棟、洋館棟1棟 附 正門、塀、渡り廊下、棟札3枚、洋館棟家具9点
名称かな きゅうやすかわけじゅうたく
指定年月日 平成30年8月1日
所在地 北九州市小倉北区城内1番1号
概要

本館棟 員数 1棟
構造 木造二階建(玄関周り以外は昭和50年代に解体)、桟瓦葺
建築面積 167.45平方メートル 昭和13年竣工
附、正門及び塀 構造 鉄筋コンクリート造昭和13年竣工

大座敷棟 員数 1棟
構造 木造平屋建、桟瓦葺
建築面積 373.08平方メートル (渡り廊下(21.87平米)含む)
明治45年に若松旧宅より移築と推定
附、渡り廊下 員数 1棟
構造 木造平屋建、桟瓦葺
建築面積 42.1平方メートル 昭和14年竣工

南蔵 員数 1棟
構造 鉄筋コンクリート造二階建、桟瓦葺
建築面積 41.27平方メートル
明治45年竣工 附、上棟(棟札)

北蔵 員数 1棟
構造 煉瓦造二階建、桟瓦葺
建築面積 38.38平方メートル
明治45年竣工 附、上棟(棟札)

洋館棟 員数 1棟
構造 木造二階建 天然スレート葺
建築面積 229.26平方メートル
昭和2年竣工
附、洋館棟棟札 員数 1枚
材質 木製 大正15年11月
附、洋館棟家具 員数 9点
材質 木製 昭和2年頃製作

本住宅は明治期に石炭関連企業を次々と創業し、工業都市北九州の基礎を築いた企業家である安川敬一郎が、旧戸畑市中原(現在の戸畑区一枝・仙水町)の開発と並行して同地に建設し、以後三代に亘り安川家当主及び一族が居住した住宅である。

北九州市を代表する企業家である安川敬一郎とその子息によって明治期、大正末期、昭和初期の各時代に建築された建物群が一体的に残され、保存状態も概ね良好である。

また、約1.3ヘクタールを超える広大な敷地の中における空間配置や平面構成、竣工当時からの資器材や関連図面などの史資料も現存し、北部九州における高級住宅史、ひいては日本の近代建築史上、極めて貴重な住宅建築である。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。