ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 史跡 > 【県指定】黒崎城跡
ページ本文

【県指定】黒崎城跡

更新日 : 2020年3月10日
【県指定】黒崎城跡
指定区分 県指定 史跡
文化財名称 黒崎城跡
名称かな くろさきじょうあと
指定年月日 平成29年3月17日
所在地

北九州市八幡西区屋敷一丁目37番、38番、39番

北九州市八幡西区舟町5番7

概要

黒崎城跡は、北九州市八幡西区黒崎の北東に位置する近世の城跡である。洞海湾の南岸にある道伯山の山頂にあり、東に豊前を一望できる立地が特徴である。

黒田長政が筑前入部の際に築かせた出城「筑前六端城」の一つである。慶長9年(1604)に築城され、黒田家の重臣井上周防之房が封ぜられたが、元和元年(1615)の一国一城令で廃城となった。

廃城後は、新田開作の護岸のために石垣石材が多く持ち出され、戦中、戦後にも山頂部に改変が加えられたが、平成17年度から24年度にかけて、北九州市教育委員会が発掘調査を行った結果、複数の石垣や曲輪跡を確認することができた。

黒崎城跡は、江戸時代初期の不安定な情勢の下、隣国との緊張状態のなかで、国境付近に築かれたものである。近世成立期の時代情勢を物語る重要な遺跡である。

黒崎城跡の所在は旧来より知られていたが、後世の大規模な改変等もあり、城としての旧状がどの程度残っているか不明であった。

近年の確認調査で石垣や曲輪跡の存在が確認され、城の構造や規模を把握することができたため、指定による保護を図るものである。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。