ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 北九州市内で高齢歩行者の交通死亡事故が増加しています!
ページ本文

北九州市内で高齢歩行者の交通死亡事故が増加しています!

更新日 : 2020年10月16日

 市内では、10月14日現在、交通事故死亡者は11人、そのうち高齢歩行者の死亡者は7人と高齢歩行者の死亡事故が多発しています。

 これらの事故は夜間や早朝に多く発生しています。

 「事故を起こさない」、「事故に遭わない」ため、「自分は起こさない」「自分は遭わない」と油断することなく、誰の身にも起こりうることを認識し、安全に留意した運転や歩行を心掛け、尊い命を守りましょう。

交通事故防止のポイント

運転者のみなさんへ

  • 横断歩道にさしかかったときはまず減速!
  • 横断歩行者がいるときは横断歩道手前(停止線)で一時停止!

歩行者のみなさんへ 

  • 近くに横断歩道や歩道橋がある場合は必ず利用!    
  • 信号は必ず守る!
  • 青信号でも左右の確認!
  • 夜間外出時は明るい服装や反射材を着用!

このページの作成者

市民文化スポーツ局安全・安心推進部安全・安心都市整備課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2866 FAX:093-582-3889

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。