ページトップ
ページ本文

審査会審議概要第160回~第169回

更新日 : 2016年6月17日

第160回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成26年10月30日(木曜日)10時~12時
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員、松木委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、浅野係長、今福職員
議事
(1)住民基本台帳事務の特定個人情報保護評価について(公開審議)
 住民基本台帳事務に係る全項目評価書の概要について、所管の市民文化スポーツ局区政課が説明を行い、特定個人情報ファイルの保護評価に関し第三者点検を行った。
 次回は、パブリックコメント実施の結果を踏まえ、リスク対策等の妥当性について第三者点検を行うこととした。
(2)地方税賦課徴収事務の特定個人情報保護評価について(公開審議)
 地方税賦課徴収事務に係る全項目評価書の概要について、所管の財政局税制課が説明を行い、特定個人情報ファイルの保護評価に関し第三者点検を行った。
 次回は、パブリックコメント実施の結果を踏まえ、リスク対策等の妥当性について第三者点検を行うこととした。
※以上の(1)及び(2)については、別途「第1回 特定個人情報保護評価『第三者点検』 議事録(PDF形式:237KB)」を参照のこと。
(3)第159回北九州市個人情報保護審査会議事録について(非公開)
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(4)諮問第43号事案(顧問弁護士相談記録等)について(非公開)
 答申案について、前回の審議における意見に基づき修正した箇所について審議し、次回に審議を継続することとした。
(5)諮問第44号事案(訴訟資料)について(非公開)
 答申案について審議し、次回に審議を継続することとした。

第161回北九州市個人情報保護審査会

日時
 平成26年12月1日(月曜日)15時~17時
場所
 北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 
委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員、松木委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、浅野係長、今福職員
議事
(1)住民基本台帳事務の特定個人情報保護評価について(公開審議)
 住民基本台帳事務に関する特定個人情報ファイルの保有に係る全項目評価書の内容について、所管の市民文化スポーツ局区政課が説明した。
 実施したパブリックコメントの結果を踏まえ修正した箇所を説明し、チェックリストの項目にそってリスク対策等の妥当性について説明した後、第三者点検を行った。
 その結果、「適合性及び妥当性の観点から審査した結果、全項目評価書の記載は、保護評価指針に定める実施手続等に適合し、同指針に定める保護評価の目的等に照らし、妥当である。」旨、市長あて答申することとした。
※以上の詳細については、別途「第2回 特定個人情報保護評価『第三者点検』 議事録(PDF形式:222KB)」を参照のこと。
(2)第160回北九州市個人情報保護審査会議事録について(非公開)
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(3)諮問第43号事案(顧問弁護士相談記録等)について(非公開)
 答申案について、前回の審議における意見に基づき修正した箇所について審議し、次回に審議を継続することとした。
(4)諮問第44号事案(訴訟資料)について(非公開)
 答申案について審議した結果、この案により諮問庁(北九州市教育委員会)に対し答申することに、出席委員の了承が得られた。
 よって、今回をもって審議を終了することとした。

第162回北九州市個人情報保護審査会

日時
 平成26年12月15日(月曜日)15時~17時30分
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、浅野係長、今福職員
議事
(1)地方税の賦課徴収事務の特定個人情報保護評価について(公開審議)
 地方税の賦課徴収事務に関する特定個人情報ファイルの保有に係る全項目評価書の内容について、所管の財政局税制課が説明した。
 実施したパブリックコメントの結果に基づく変更箇所はなく、チェックリストの項目にそってリスク対策等の妥当性について説明し、第三者点検を行った。
 その結果、「適合性及び妥当性の観点から審査した結果、全項目評価書の記載は、保護評価指針に定める実施手続等に適合し、同指針に定める保護評価の目的等に照らし、妥当である。」旨、諮問庁(北九州市長)に対し答申することに、出席委員の了承が得られた。
※以上の詳細については、別途「第3回 特定個人情報保護評価『第三者点検』 議事録(PDF形式:242KB)」を参照のこと。
(2)第161回北九州市個人情報保護審査会議事録について(非公開)
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(3)諮問第43号事案(顧問弁護士相談記録等)について(非公開)
 答申案について、前回の審議における意見に基づき修正した箇所について審議した結果、この案により諮問庁(北九州市長)に対し答申することに、出席委員の了承が得られた。
 よって、今回をもって審議を終了することとした。
(4)諮問第42号事案(顧問弁護士相談記録等)について(非公開)
 答申案について審議した結果、この案により諮問庁(北九州市長)に対し答申することに、出席委員の了承が得られた。
 よって、今回をもって審議を終了することとした。
(5)保有個人情報の存否に関する報告について(非公開)
 処分庁(北九州市長)が平成26年10月10日付け及び同年10月24日付けで行った保有個人情報一部開示決定並びに処分庁(教育委員会教育長)が平成26年10月24日付けで行った保有個人情報一部開示決定において、条例第21条第1項に基づき開示請求を拒否した情報について、事務局が報告した。
(6)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)について(非公開)
 新たに諮問のあった事案の概要について、事務局が報告した。
 次回以降に審議を継続することとした。

第163回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年2月6日(金曜日)10時~11時45分
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 
委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、浅野係長、今福職員
議事
(1)第162回北九州市個人情報保護審査会議事録について
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(2)身元不明者情報の目的外提供について(諮問)
 北九州市長(保健福祉局認知症対策室)から、条例第12条第3項の規定に基づき、本市において保護された身元不明者の身元の特定に資するために保有個人情報を目的外提供することについて、諮問を受けた。
 福岡県が、県内において身元不明のまま保護されている者について、県のホームページにおいて身体的特徴等の情報を公開することを決定し、各市町村に対し情報提供の依頼があったこと、また、福岡県警が、県内市町村からの情報提供を受けて、県内で保護された身元不明者の情報を台帳で一元管理し、家族らが直接閲覧できる「身元不明迷い人台帳閲覧制度」を導入する決定をしたことに伴い、福岡県及び福岡県警に対し、本市において保護された身元不明者に関する保有個人情報を目的外提供することについて審議した。
 次回に審議を継続することとした。
(3)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)について(審議)
 不訂正決定に係る双方の主張を整理した内容について、事務局が報告し、不訂正決定に係る部分の主張の妥当性について審議した。そのあと、処分庁からの意見聴取項目(案)について審議した。
 次回に、処分庁から意見聴取を行うこととした。
(4)個人情報保護条例の一部改正案について(報告)
 いわゆる番号法の制定に伴い個人情報保護条例の一部を改正する必要があり、平成27年6月市議会に付議する予定の一部改正案について、事務局が報告した。
 番号法第29条及び第30条に基づく改正部分(情報提供等記録と情報提供等記録以外の保有特定個人情報とに分類されて目的外利用等の制限が厳格化されることに伴う改正措置)について説明し、現在、関係課と協議中の一部改正案の新旧対照表については、確定次第、再度報告することとした。
(5)諮問第46号及び第47号事案(教職員人事評価審査会関係文書)について(審議)
 冒頭、会長から審議回避の申出があり、他の出席委員によって了承され、会長は退席した。以後、櫻井委員が会長の職務を代理した。
 新たに諮問のあった諮問第46号及び第47号事案について、事務局がその概要について説明した。
 次回に審議を継続することとした。

第164回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年3月3日(火曜日)10時~11時45分
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、浅野係長、今福職員
議事
(1)第163回北九州市個人情報保護審査会議事録について
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(2)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)について(審議)
 処分庁(教育委員会事務局生涯学習課)から、意見聴取を行った。
 次回に審議を継続することとした。
(3)身元不明者情報の目的外提供について(諮問)
 平成27年2月3日付け諮問第3号により、北九州市長(保健福祉局認知症対策室)から諮問のあった身元不明者情報の目的外提供の条例該当性について審議した。
 福岡県及び福岡県警に対し、本市において保護された身元不明者に関する保有個人情報を目的外提供することが、情報提供に係る身元不明者の実状から、親族等による身元の特定に資するものと認められるので、個人情報保護条例第12条第2項第6号に規定する目的外提供について「特別の理由があるとき」に該当する。
 なお、提供先の機関、さらに提供する市側に、事務処理上の注意を求めることを付記する。
 以上のことについて出席委員の了承が得られたので、諮問庁(北九州市長)に対し、答申することとした。
(4)諮問第46号及び第47号事案(教職員人事評価審査会関係文書)について(審議)
 不開示部分に係る双方の主張を整理した内容について、事務局が報告した。そのあと、処分庁からの意見聴取項目(案)について審議した。
 次回は、処分庁から意見聴取を行うこととした。

第165回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年4月9日(木曜日)10時~12時
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員、松木委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、竹中係長、今福職員
議事
(1)第164回北九州市個人情報保護審査会議事録について
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(2)成年被後見人等の親族情報の目的外提供について(諮問)
 北九州市長(保健福祉局高齢者支援課)から、条例第12条第2項の規定に基づき、市長申立てにより家庭裁判所が選任した成年後見人等に対し、成年被後見人等の親族の連絡先情報を目的外提供することについて、同条第3項の規定により諮問を受けた。
 成年後見人等は、成年被後見人等を支援するに当たり、相続や医療同意等を想定した親族調査をする必要があるが、市長申立てに係る成年被後見人等は、親族がいなかったり、親族と音信不通の状況にあったりすることが多く、親族情報を得ることが困難なため、円滑な対応に苦慮している。そこで、市長が申立て時に取得した親族の連絡先情報を成年後見人等に対して提供することについて審議した。
 次回に審議を継続することとした。
(3)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)について(審議)
 不開示部分に係る双方の主張について事務局が報告し、その内容について審議した。
 次回に審議を継続することとした。
(4)諮問第48号事案(顧問弁護士相談記録等)について(審議)
 新たに諮問のあった事案の概要について、事務局が報告した。
 異議申立人に対し、意見書の提出に時間を要する理由について、書面による回答を依頼することとした。
 次回に審議を継続することとした。
(5)諮問第46号及び第47号事案(教職員人事評価審査会関係文書)について(審議)
 冒頭、審議を回避している会長が退席し、以後、櫻井委員が会長の職務を代理した。
 処分庁(教育委員会事務局教職員課)から、意見聴取を行った。
 次回に審議を継続することとした。

第166回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年5月14日(木曜日)10時~12時
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、竹中係長、今福職員
議事
(1)第165回北九州市個人情報保護審査会議事録について
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(2)住民基本台帳ネットワークシステム監査報告について
 平成26年度の住民基本台帳ネットワークシステムの監査結果について、市民文化スポーツ局市民部区政課から、住基ネットの運用、住基ネット端末機器及びその周辺機器の管理とも概ね適正に行われていたとの報告を受けた。
(3)成年被後見人等の親族情報の目的外提供について(諮問)
 平成27年3月30日付け諮問第4号により、北九州市長(保健福祉局高齢者支援課)から諮問のあった成年被後見人等の親族情報の目的外提供について審議した。
 市長申立てにより選任された成年後見人等に対し、成年被後見人等の親族情報を目的外提供することが、親族とのつながりの少ないケースが多い市長申立てによる成年後見等の実状から、成年後見人等の職務上必要な親族調査に資するものと認められるので、個人情報保護条例第12条第2項第6号に規定する目的外提供について「特別の理由があるとき」に該当する。
 なお、提供に係る保有個人情報について保護措置を講ずることを提供先に求めるとともに、その利用目的に応じて必要最小限の個人情報の提供を行うよう要望することを付記する。
 以上のことについて出席委員の了承が得られたので、諮問庁(北九州市長)に対し、答申することとした。
(4)北九州市個人情報保護条例の一部改正(案)について(報告)
 マイナンバー法の施行に伴う条例改正案を平成27年6月議会に上程することについて報告した。
(5)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)について(審議)
 不開示部分に係る双方の主張を踏まえた論点整理を行った。
 次回に審議を継続することとした。
(6)諮問第48号事案(顧問弁護士相談記録等)について(審議)
 異議申立人に対し、意見書を提出期限までに提出するよう依頼することとした。
 次回に審議を継続することとした。
(7)諮問第46号及び第47号事案(教職員人事評価審査会関係文書)について(審議)
 冒頭、審議を回避している会長が退席し、以後、櫻井委員が会長の職務を代理した。
 審査請求人からの意見聴取項目について審議した。
 次回に、審査請求人からの意見聴取を行うこととした。

第167回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年6月16日(火曜日)16時~18時
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員、松木委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、竹中係長、今福職員
議事
(1)第166回北九州市個人情報保護審査会議事録について
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(2)平成26年度個人情報保護制度の運用状況について(報告)
 平成26年度の請求件数、分野別請求件数等の運用状況について、事務局が報告を行った。
(3)諮問第48号事案(顧問弁護士相談記録等)について(審議)
 異議申立人及び処分庁からの意見聴取項目案について審議した。
 異議申立人が求めていた意見書の提出期限延長については、すでに当初の提出期限から十分な猶予期間があることや、より詳細な意見は次回の意見聴取の際に補充することができることから、これ以上の期限延長は行わないこととした。
 次回に、異議申立人からの意見聴取を行うこととした。
(4)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)について(審議)
 審査請求人からの意見聴取項目案について審議した。
 次回に、審査請求人からの意見聴取を行うこととした。
(5)諮問第49号及び第50号事案(顧問弁護士相談記録等)について(審議)
 新たに諮問のあった事案の概要について、事務局が報告した。
 次回以降に審議を継続することとした。
(6)行政不服審査法の改正について(報告)
 平成28年4月1日施行予定の行政不服審査法の改正について、その趣旨や改正に伴う個人情報保護審査会への影響等を、事務局が報告した。
(7)諮問第46号及び第47号事案(教職員人事評価審査会関係文書)について(審議)
 冒頭、審議を回避している会長が退席し、以後、櫻井委員が会長の職務を代理した。
 審査請求人からの意見聴取を行った。
 次回以降に審議を継続することとした。

第168回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年7月23日(木曜日)10時~12時
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 
委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員、松木委員
 事務局:総務企画局文書館 竹中係長、今福職員
議事
(1)第167回北九州市個人情報保護審査会議事録について
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(2)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正)及び諮問第48号事案(顧問弁護士相談記録等)について(審議)
 不服申立人から上記事案の意見聴取を行う予定にしていたが、不服申立人欠席のため中止とした。
 不服申立人から意見聴取に代えて提出された意見書について審議した。
 次回以降に審議を継続することとした。
(3)諮問第49号及び第50号事案(顧問弁護士相談記録等)について(審議)
 双方の主張について事務局が報告し、その内容について審議した。
 次回以降に審議を継続することとした。
(4)諮問第46号及び第47号事案(教職員人事評価審査会関係文書)について(審議)
 冒頭、審議を回避している会長が退席し、以後、櫻井委員が会長の職務を代理した。
 答申の原案について審議し、次回に審議を継続することとした。

第169回北九州市個人情報保護審査会

日時
 
平成27年9月15日(火曜日)10時~12時
場所
 
北九州市立文書館 2階 A会議室
出席者
 委員:河原会長、原田委員、櫻井委員、日高委員、松木委員
 事務局:総務企画局文書館 山本館長、竹中係長、今福職員
議事
(1)介護保険に関する事務の特定個人情報保護評価について(公開審議)
 介護保険に関する事務に係る全項目評価書の概要について所管の保健福祉局介護保険課が説明を行い、特定個人情報ファイルの保護評価に関し第三者点検を行った。
 次回は、リスク対策等の妥当性について第三者点検を行うこととした。
※以上の(1)については、別途「第4回 特定個人情報保護評価『第三者点検』議事録(PDF形式:272KB)」を参照のこと。
(2)第168回北九州市個人情報保護審査会議事録について(以下非公開)
 出席委員により原案のとおり承認され、確定した。
(3)諮問第45号事案(法規解釈相談票の訂正について)
 前回までの審議における意見に基づいた答申案について審議した。
 次回に審議を継続することとした。
(4)諮問第48号事案(顧問弁護士相談記録等)について
 処分庁から提出された意見陳述に代わる意見書について審議した。
 次回に審議を継続することとした。
(5)諮問第49号及び第50号事案(顧問弁護士相談記録等)について
 不服申立人から提出された意見書及び処分庁から提出された意見陳述に代わる意見書について審議した。また、前回の審議における意見に基づき修正した不服申立人の意見聴取項目について審議した。
 次回に審議を継続することとした。
(6)諮問第51号事案(緊急措置診察関係文書)について
 新たに諮問のあった事案の概要について、事務局が報告した。
 次回に審議を継続することとした。
(7)諮問第46号及び第47号事案について(教職員人事評価審査会関係文書)について
 冒頭、審議を回避している会長が退席し、以後、櫻井委員が会長の職務を代理した。
 答申案について、前回の審議における意見に基づき修正した箇所について審議した結果、この案により諮問庁(北九州市教育委員会)に対し答申することに、出席委員の了承が得られた。
 よって、今回をもって審議を終了することとした。

このページの作成者

総務局総務部文書館
〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番5号
電話:093-561-5558 FAX:093-561-5529

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。