ページトップ

散策エリア(3)

更新日 : 2020年9月4日

若戸大橋周辺・洞海湾・若戸渡船

潮風とノスタルジックロマン

若戸大橋1

 洞海湾をまたぐ若戸大橋は、どこかノスタルジックな場所。ベンチに腰掛けて通り過ぎ行く船を眺めていると、不思議と心が落ち着きます。夏には、若戸大橋一帯で『くきのうみ花火の祭典』が開催され、夏の風物詩となっています。
 (ノスタルジック【nostalgic】=郷愁を感じるさま、感じさせるさま)

若戸大橋

昭和37年開通。関門橋開通以前は、日本一の吊橋でした。橋周辺のウォーターフロントは『大橋親水公園』として整備されています。

若戸大橋2

若戸渡船

ぽんぽん船の愛称で親しまれ、現在でも立派な現役。市民の重要な足となっています。”ぽんぽん”という船の音とその風景はとってもノスタルジックです。

若戸渡船1

日本水産福岡支社北九州営業所(旧共同漁業ビル)

洞海湾に面して四階建て威容を誇るこの建物は、昭和初期に下関から移転した日本水産が遠洋漁業の基地としたものです。
コンクリートの外壁に大窓ガラスが整列する無機質なモダン建築の重厚感はもちろん、若戸大橋など近代的な周辺景色との調和が高く評価され、平成21年に北九州市都市景観賞を受賞しました。毎日20時までライトアップされています。

日本水産福岡支社北九州営業所

大橋イロイロ

総延長2068メートル
吊り橋部680メートル
橋柱間367メートル
海面からの高さ42メートル

  1. 使用した鋼材は21,000トンで、東京タワー使用の約5倍です。
  2. セメントは33,000トンで、袋で並べると東京~京都間。
  3. コンクリートは120,000立方メートルで、2トントラック約60,000台分です。
  4. 橋柱の高さは84.2メートルで、25階建てのビルと同じです。

交通アクセス

アクセスマップ

【若戸大橋】
車:国道199号または北九州都市高速2号線を若松方面へ
JR:戸畑駅より徒歩5分
バス:戸畑渡場行 戸畑渡場終点

ワンポイント

若戸渡船2

若戸渡船は乗ってみるとちょっとした冒険気分が楽しめます。料金は、大人片道100円!所要3分間の船旅で若松区に渡って、かつての賑わいの地を散策するのもオススメです!またライトアップされた夜の若戸大橋はとてもロマンティック

関連リンク

このページの作成者

戸畑区役所総務企画課
〒804-8510 北九州市戸畑区千防一丁目1番1号
電話:093-881-0039 FAX:093-881-2204

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。