ページトップ
ページ本文

感染症対策

 平成11年4月、それまでの「伝染病予防法」に代わり、新たに「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下「感染症法」)が施行され、これに基づき感染症の予防や治療等の対策が行われています。
 過去には結核、コレラ、赤痢等のまん延する時代がありましたが、新薬の開発、生活環境の整備、予防対策の充実などにより激減してきました。
 その一方で、国際交流の活発化や航空機等の交通手段の発達などにより、世界規模での対応も必要となっています。
 最近では、海外において、鳥インフルエンザ(H7N9)、MERS(中東呼吸器症候群)といった新たな感染症が発生し、国内においては、平成24年夏以降の全国的な風しんや麻疹の流行し、結核などの再興感染症や薬剤耐性菌(VRE【バンコマイシン耐性腸球菌感染症】、薬剤耐性アシネトバクター感染症等)による院内感染も問題となっております。このように、感染症は、急速に広範囲で流行する恐れがあり、適切な感染対策の実施、強化が求められています。
 本市においても、今まで以上に感染症の早期発見・拡大防止に努めることが重要であると認識し、感染症対策を推進しています。

 感染症の発生予防及び発生時の対応を円滑に行うために、市内の保健・福祉・医療関係者の知識及び対応能力の向上を目的とした研修会・講演会・情報交換会を実施しています。また、北九州市感染症対策支援ネットワーク事業を実施し、医療機関や高齢者施設等の感染症対策を支援しています。

感染症指定医療機関

○感染症指定医療機関に入院する患者の感染症の分類

感染症分類 疾病名 対応可能な
感染症指定医療機関
一類感染症 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、 痘そう(天然痘)、南米出血熱、ペスト、 マールブルグ病、ラッサ熱 第一種
二類感染症 急性灰白髄炎、ジフテリア、 重症急性呼吸器症候群(SARS)、 中東呼吸器症候群(MERS)、 鳥インフルエンザ(H5N1)、 鳥インフルエンザ(H7N9)、*結核 第一種及び第二種
新型インフルエンザ等感染症 新型インフルエンザ、 再興型インフルエンザ 第一種及び第二種
指定感染症 該当なし 第一種及び第二種
  病院名 所在地 病床数
第一種 福岡東医療センター 古賀市 2
第二種 北九州市立医療センター 北九州市 16

 感染症法に基づき、第二種感染症指定医療機関として市立医療センターが福岡県から指定を受けており、二類感染症患者の治療にあたっています。

 なお、福岡県の第一種感染症指定医療機関は、福岡東医療センター(古賀市)となっており、一類、二類感染症患者の治療にあたっています。

指定医療機関入院患者数(市立医療センター)
年度 人数
平成25年度 0人
平成26年度 0人
平成27年度 0人
平成28年度 0人
平成29年度 0人

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。