ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 医療 > 献血・骨髄移植・臓器移植について > 骨髄・末梢血幹細胞の提供者に助成金を交付します
ページ本文

骨髄・末梢血幹細胞の提供者に助成金を交付します

更新日 : 2017年11月15日

北九州市では、骨髄や末梢血幹細胞提供者の増加や移植の推進を図るために、骨髄や末梢血幹細胞を提供された方を対象に、助成金を交付する事業を10月1日から実施します。

骨髄等ドナー普及促進事業

骨髄や末梢血幹細胞移植は、白血病等の難治性血液疾患に対する有効な治療法であり、毎年多くの患者が移植を希望しています。

しかし、日本骨髄バンクを介して実際に移植が受けられる患者は約半数にとどまっています。

その背景として、提供者側の健康上の理由に加え、骨髄や末梢血幹細胞を採取する際は数日間通院や入院する必要があるため、時間的に拘束される等の負担があることも指摘されています。

そこで、北九州市では、骨髄や末梢血幹細胞の提供者の休業による経済的負担を軽減し、骨髄や末梢血幹細胞移植の推進及びドナー登録の推進を図るため、骨髄や末梢血幹細胞の提供を行った方に対して助成を行う事業を開始します。

対象者

 日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業のドナー登録者で骨髄・末梢血幹細胞の提供を完了した方であって、以下のいずれにも該当する方

(1)骨髄・末梢血幹細胞の提供を行った日に北九州市内に住民登録がある方

(2)平成29年4月1日以降に提供を完了した方

(3)他の地方公共団体から助成金に相当する補助金、その他これらに類するものの交付を受けていない方

(4)ドナー休暇を取得していない方

(5)市税滞納のない方

(6)暴力団員もしくは暴力団と関係のない方

助成金額

以下に掲げる骨髄・末梢血幹細胞の提供のために要した通院及び入院の日数1日につき2万円を助成します。

ただし、1回の提供につき7日(14万円)を上限とします。

(1)健康診断のための通院

(2)自己血貯血のための通院

(3)その他提供に関し、骨髄バンク又は医療機関が必要と認める通院、入院及び面接

いずれも、骨髄・末梢血幹細胞の採取術及びこれに関する医療処置によって生じた健康被害のためのものは除きます。

申請方法

北九州市骨髄等移植ドナー助成金交付申請書兼請求書(第1号様式)に以下の書類を添えて、申請(申請者は提供者本人のみ)してください。郵送での受付も可能です。(審査には1ヶ月程度かかります。)

(1)公益財団法人日本骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を行ったことを証する書類 

(2)骨髄等の提供に係る通院又は入院した日を証する書類 (対象となる日数が分かるもの。複数枚必要となる場合があります。)

(3)市税を滞納していないことを証明する書類(完納証明書等)

(4)ドナー休暇制度がないことを証する書類もしくは、ドナー休暇制度の利用状況を証する書類(対象期間中の申請者の休日について記載のあるもの)

(5)提供者本人名義の振込先口座が確認できる書類(通帳の写し等)

申請期限

骨髄・末梢血幹細胞の提供にかかる入院をして、退院した日の翌日から起算して1年以内に提出してください。

ただし、平成29年4月1日から平成29年9月30日までに提供が完了した方は、平成30年9月30日までに提出してください。

申請窓口・問い合わせ先

〒803-8501

北九州市小倉北区城内1番1号 (本庁舎)

北九州市役所 保健福祉局地域医療課

電話:093-582-2678

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局健康医療部地域医療課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2678 FAX:093-582-2598

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。