ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症が心配なときは
ページ本文

新型コロナウイルス感染症が心配なときは

更新日 : 2020年3月26日

 新型コロナウイルスに関する相談窓口です。

新型コロナウイルスに関するご相談は

 ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせは、次の窓口にご相談ください。

厚生労働省相談窓口

電話:0120-565653フリーダイヤル
時間:9時~21時(土曜日・日曜日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、FAXでご相談ください。
FAX:03-3595-2756

風邪のような症状がある方は

 発熱などの風邪の症状があるときは、学校や会社を休むなど、外出を控えてください毎日体温を測定して記録しましょう。

次の症状がある方は

 以下の場合には、帰国者・接触者相談センター(北九州市)にご相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5度以上の熱が4日以上続く
    ご高齢の方基礎疾患がある方妊娠中の方は、こうした状態が2日程度続く。
  2. 強いだるさや息苦しさがある

 症状がこの基準に満たない場合には、かかりつけ医や近隣の医療機関にご相談ください。

新型コロナウイルスについてご相談ください

帰国者・接触者相談センター(北九州市)

電話:093-522-874524時間受付

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、FAXでご相談ください。
FAX:093-522-8775
注)夜間や土曜日、日曜日、祝日に受けたご相談は返信が遅れる場合がございます。

注)医療機関の皆さまは、こちらをご覧ください。 → 医療機関の皆さまへ

「帰国者・接触者相談センター」に相談すると

 電話での相談を踏まえて、感染の疑いがある場合には、必要に応じて、新型コロナウイルス感染症患者の診察ができる「帰国者・接触者外来」を確実に受診できるよう調整します。

帰国者・接触者外来」では

 医師が診察を行い、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合、保健所へ連絡します。連絡を受けた保健所はPCR検査の必要性を判断します。

 検査の結果、陽性となった場合は感染症指定医療機関などへ入院となります。

PCR検査の保険適用は

 保険適用後は、帰国者・接触者外来を設置している医療機関等の医師は、保健所を介さずに民間検査機関でPCR検査を実施することが可能になります。
 国において対応可能な民間検査機関を決定しておりますが、全国からの検査を受託することから、都道府県単位で十分な検査体制を確保するための調整を行うこととされています。
 福岡県においては、現在、県内全体の検査体制を調整・整備中であり、当面の間は、現行の検査体制を継続し、今後の検査体制が整いましたら、改めてお知らせします。

一度、受診や検査が不要と判断された場合でも、症状が良くならない場合は、再度「帰国者・接触者相談センター」に相談ください。

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。