ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 税・保険・年金 > 国民年金 > 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除等の特例手続きについて
ページ本文

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除等の特例手続きについて

更新日 : 2020年7月15日

 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が相当程度まで下がった場合、臨時特例措置として、本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除・納付猶予申請や、国民年金保険料学生納付特例申請が可能となりました。

 詳しくは、日本年金機構のホームページ「新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料の免除について」(外部リンク)をご覧ください。

対象となる方

以下のいずれにも該当する方が対象になります。

 (1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したこと。

 (2)令和2年2月以降の所得等の状況からみて、当年中の所得見込額が、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること。

申請の対象となる期間

国民年金保険料免除・納付猶予申請

 令和元年度分として 令和2年2月分から令和2年6月分まで

 令和2年度分として 令和2年7月から令和3年6月分まで

 (注)令和2年7月以降の国民年金保険料についても、特例免除を申請できるようになりました。
    詳しくは、日本年金機構のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

国民年金保険料学生納付特例申請

 令和元年度分として 令和2年2月分から令和2年3月分まで

 令和2年度分として 令和2年4月分から令和3年3月分まで

受付開始日

令和2年5月1日(金曜日)

申請に必要な書類

国民年金保険料免除・納付猶予申請

 (1) 国民年金保険料免除・納付猶予申請書

 (2) 所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))

国民年金保険料学生納付特例申請

 (1) 国民年金保険料学生納付特例申請書

 (2) 所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))

 (3) 学生証のコピー

申請方法及び問い合わせ先

申請書の提出先は、各区役所国保年金課または住所地を管轄する年金事務所です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、郵送での提出を活用ください。

郵送による手続きにつきましては、各区役所国保年金課へお電話でお問い合わせください。

区役所

門司区役所国保年金課 電話:093-331-0522
小倉北区役所国保年金課 電話:093-582-3404
小倉南区役所国保年金課 電話:093-951-4117
若松区役所国保年金課 電話:093-761-2961
八幡東区役所国保年金課 電話:093-671-0802
八幡西区役所国保年金課 電話:093-642-1330
戸畑区役所国保年金課 電話:093-881-0622

年金事務所

お住いの区 連絡先 所在地
門司区・小倉北区

小倉北年金事務所
国民年金課
電話:093-583-8340(代表)

〒803-8588
北九州市小倉北区大手町13番3号

小倉南区

小倉南年金事務所
国民年金課
電話:093-471-8873(代表)

〒800-0294
北九州市小倉南区下曽根一丁目8番6号

若松区・八幡東区
八幡西区・戸畑区

八幡年金事務所
国民年金課
電話:093-631-7962(代表)

〒806-8555
北九州市八幡西区岸の浦一丁目5番5号

このページの作成者

保健福祉局健康医療部保険年金課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2415 FAX:093-582-5227

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。