ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンのキャッチアップ接種について
ページ本文

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンのキャッチアップ接種について

更新日 : 2022年8月4日
ページ番号:000163342

キャッチアップ接種を行っています

子宮頸がんワクチンの定期予防接種につきましては、平成25年6月から令和3年11月までの間、国が積極的な勧奨を差し控えたため、公平な接種機会を確保する観点から、再度公費での接種の機会が設けられることになりました。(キャッチアップ接種)

対象者

北九州市に住民登録のある
平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
(令和4年度に17歳から25歳になる方)

(注)北九州市在住の場合でも、北九州市に住民登録のない方は対象外です。住民登録のある市区町村の情報をご確認ください。

なお、下記の方につきましては、定期接種期間終了後にキャッチアップ接種の対象となります。(接種方法は同じです)

・平成18年4月2日から平成19年4月1日生まれの女性
 令和5年3月31日まで定期接種で、令和7年3月31日まではキャッチアップ接種

・平成19年4月2日から平成20年4月1日生まれの女性
 令和6年3月31日まで定期接種で、令和7年3月31日まではキャッチアップ接種

実施期間と料金

令和4年4月1日から令和7年3月31日

この期間に限り、全3回のうち不足する回数を無料で接種できます。

実施医療機関

通知を受け取る前でも接種は可能です。
確実な接種のため、事前に予約されることをお勧めします。

対象となるワクチンの種類と一般的な接種スケジュールについて

サーバリックス®(2価)またはガーダシル®(4価)

過去にワクチンを1回または2回接種している場合は、同じワクチンを接種します。

・サーバリックス®の一般的な接種スケジュール
 1回目を接種後、
 2回目接種は、1回目から1か月後
 3回目接種は、1回目から6か月後

・ガーダシル®の一般的な接種スケジュール
 1回目を接種後、
 2回目接種は、1回目から2か月後
 3回目接種は、1回目から6か月後

一般的な接種スケジュール

接種の際に必要なもの

・健康保険証や運転免許証などの、住所や年齢が確認できる書類
・お持ちの方は母子健康手帳

外国語でワクチンの説明や予診票の内容を確認されたい方は、下記リンク先を参考にしてください。リンク先に掲載されている外国語版の予診票(2ページ目)を印刷して使用する場合は、日本語版の予診票(2ページ目)も印刷して、一緒に医療機関へ持ち込むようにしてください。

北九州市外で接種を受ける場合について

1 福岡県内での接種の場合
(1)福岡県医師会に入っている医療機関で接種する場合
 事前手続きは不要です。
(2)福岡県医師会に入っていない医療機関で接種する場合
 事前に本市に申請して、予防接種依頼書の発行を受けてから接種してください。接種費用は自己負担していただきますが、後日、本市に償還払いの申請をしていただくことで、接種費用相当額を支給します。事前に連絡がなかった場合、全額自費となりますのでご注意ください。各種申請については、市ホームページ「福岡県外等の指定医療機関以外において受けた予防接種費用の払い戻しについて(償還払い)」のページをご覧ください。

2 福岡県外での接種の場合
 1の(2)と同じです。

任意接種費用の払い戻しについて

キャッチアップ接種対象の方が、定期接種の年齢(小学校6年から高校1年相当)を過ぎて、すでに任意接種として自費で接種している場合、本市が定める上限額の範囲内で払い戻しをいたします。

相談窓口

子宮頸がんワクチンを含む予防接種の基礎知識について

厚生労働省 感染症・予防接種相談窓口 
 電話番号:050-3818-2242
 受付日時:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始を除く)

市内で子宮頸がんワクチン接種後に痛み、しびれ、脱力、不随意運動等の症状がある方の、医療、救済制度に関することについて

お問合せ先 電話番号
感染症医療政策課 093-582-2090
門司区 093-331-1888
小倉北区 093-582-3440
小倉南区 093-951-4125
若松区 093-761-5327
八幡東区 093-671-6881
八幡西区 093-642-1444
戸畑区 093-871-2331

 受付日時:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後17時15分(祝日、年末年始を除く)

子宮頸がんワクチン接種後に生じた症状に係る協力医療機関について

県は、子宮頸がんワクチン接種後に生じた症状(主として痛み、しびれ、脱力など)について、適切な医療を提供するため、診療協力医療機関を選定しています。
子宮頸がんワクチンを接種した後に気になる症状が出たときは、まずは接種した医療機関など、地域の医療機関に受診してください。

子宮頸がん検診について

ワクチンの接種により100%子宮頸がんを予防できるわけではありません。北九州市では20歳以上の女性を対象に「子宮頸がん検診」を実施しています。ワクチンの接種の有無に関わらず、がんの早期発見・早期治療のために定期的な受診をお願いします。

検診に関するお問い合わせは保健福祉局健康医療部健康推進課(093-582-2018)まで。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037
定期予防接種:093-582-2090

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。