ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 税・保険・年金 > 国民健康保険 > 保険料 > 国民健康保険料を納めないでいると
ページ本文

国民健康保険料を納めないでいると

更新日 : 2020年5月25日

災害、倒産、失業、病気などの特別な理由もなく保険料を納めないでいると、下記のようにさまざまな措置が講じられます。

保険証のかわりに資格証明書を交付

保険証を返していただき、かわりに「被保険者資格証明書」を交付します。資格証明書で診察を受けた場合は、全額自己負担となります。
(注)ただし、保険料を納付し、保険証が交付されたときは、申請により保険給付分が支給されます。

保険給付の差し止め

療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費などの保険給付の全部または一部が差し止められる場合があります。

財産の差し押さえ

法律にもとづいた滞納処分として、預貯金、給与などの財産を差し押さえる場合があります。
保険料を滞納すると、条例に定める延滞金が加算される場合があります。

(注)災害など特別な理由がある場合は、保険料が軽減・減免される場合がありますので、住所地の区役所国保年金課にご相談ください。(詳しくは、以下のページをご覧ください。)

納期内納付にご協力を

加入者の高齢化等による医療費の増加などから、国民健康保険財政は大変厳しい状況が続いています。皆さんから納めていただく保険料が国保を支えています。必ず納期までに納めましょう。

納付の義務者は世帯主

国保では、原則として、住民票上の世帯主が国保の世帯主となり、世帯主が保険料の納付義務者になります。これは住民票上の世帯主が社会保険などの加入者である場合でも同様です。(このような国保世帯主を擬制世帯主といいます。)
擬制世帯主分の国保の保険料はかかりませんが、均等割額、平等割額の軽減判定、減免申請の際には、その所得も計算基礎に含まれます。
なお、世帯員(被保険者)が保険料を支払っているときは、国保上の世帯主を変更できる場合があります。

このページの作成者

保健福祉局健康医療部保険年金課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2415 FAX:093-582-5227

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。