ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 医療 > 健康被害について > 健康食品による健康被害について
ページ本文

健康食品による健康被害について

 「健康食品」の中には、不正に医薬品成分が入っているものがあり、これらを摂取したことによる健康被害事例の報告が相次いでいます。

 例:ダイエット食品中に医薬品成分シブトラミンが含有
    強壮食品中に医薬品成分シルデナフィルが含有  等

「MDクリニックダイエット」「ホスピタルダイエット」にご注意ください!

「MDクリニックダイエット」、 「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製のやせ薬については、これまでに、死亡事例を含む重篤な健康被害が多数報告されております。

 国内での承認を受けていないこのような製品については、健康被害が発生するおそれがあります。
 インターネット等で個人輸入して使用することは、くれぐれも避けていただくようお願いします。また、服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関を受診してください。

  北九州市内における医薬品成分が検出された製品の服用による健康被害(疑い)の発生について

無承認無許可医薬品とは?

 「健康食品」はあくまで「食品」ですので医薬品成分を含むことができません。
 「健康食品」に医薬品成分が含まれていた場合、「無承認無許可医薬品」となり薬事法違反となります。

健康被害の症状は?

 症状は、入っている医薬品成分によって異なりますが、以下のようなものが報告されています。健康食品の摂取による体調不良のため通院中の方や、中には亡くなられた方もいます。

 症状:全身倦怠感・動悸・吐気・食欲不振・黄疸・多汗・口渇・発汗・めまい  等

健康被害が報告された健康食品名は?

健康被害が起こったら

 直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。
 また、下記の問合わせ先にもご連絡ください。

問合せ先

いわゆる「健康食品」に関する問い合わせ
  北九州市保健所 東部生活衛生課 (電話:093-522-8728)
  北九州市保健所 西部生活衛生課 (電話:093-642-1441)

無承認無許可医薬品に関する問い合わせ
  北九州市保健所 医務薬務課(連絡先は下記のとおり)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部医務薬務課(薬務係)
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8766 FAX:093-522-8774

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。