ページトップ

成年後見制度

概要

 身寄りのない認知症高齢者、知的障害者、精神障害者で判断能力が不十分なため、成年後見制度を利用することが困難な場合に、市長が後見等の開始の申立てを行い、その申立てに係る費用や後見人報酬にかかる費用を助成します。

サービスの内容

成年後見制度とは?

 成年後見制度とは、精神上の障害によって判断能力が十分ではない認知症高齢者・知的障害者・精神障害者を保護するための制度です。成年後見制度には、次のような種類があります。

区分 本人の判断能力 援助者
法定後見 後見 全くない 成年後見人 監督人を選任する ことがあります。
保佐 著しく不十分 保佐人
補助 不十分 補助人
任意後見  本人の判断能力が不十分になったときに、本人があらかじめ結んでおいた任意後見契約にしたがって、任意後見監督人を選任したときから、その契約の効力が生じます。

市町村長が行う申立て

 法定後見の開始の申立てができるのは、本人や本人の家族などですが、次のような場合などは市町村長が申立てを行うことができます。

  • 身寄りがないなど申立てを行う親族がいない
  • 親族がいるものの、関与を拒否している

助成の対象となる人

次のいずれにも該当する人

  1. 認知症高齢者、知的障害者、精神障害者で本人に身寄りがいないか、親族がいても関与を否定されており、法定後見の開始の申立てが期待できない状況にある人
  2. 本人の福祉を図るために法定後見の開始の申立てが特に必要であると認められる人
  3. 生活保護受給者および資産・収入等の状況から生活保護受給者に準じると認められる人

助成の対象となる費用

  • 法定後見の開始の申立てにかかる費用
  • 後見人の報酬にかかる費用
    ※いずれも市長が行う法定後見の開始の申立てにかかるものに限ります。

助成額

  • 申立てにかかる費用・・・・・・・・・・・全額を助成
  • 後見人の報酬にかかる費用・・・・・(在宅の場合)月額28,000円以内で助成
                        (施設入所中の場合)月額18,000円以内で助成

利用方法

お住まいの小学校区の地域包括支援センターにご相談ください。

問い合わせ

お住まいの小学校区の地域包括支援センター

※将来のために任意後見制度を利用したい場合や親族による成年後見制度の利用をお考えの場合は
北九州成年後見センター (北九州市戸畑区汐井町1番6号ウェル戸畑3階 電話:093-884-0501)

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部長寿社会対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2407 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。