ページトップ
ページ本文

大気環境改善のための都市間連携協力事業

更新日 : 2019年7月4日

大気環境改善のための都市間連携協力事業

 広域的な対策が必要となるPM2.5等の大気汚染については、科学的な分析が必要であり、その発生源を含めた複合性、広域性、移動性、気象条件などを考慮し、地域住民の健康被害等を含めた現状の課題等を具体的に把握しながら、効果的な対策を講じる必要があります。
 北九州市は、これまで培った公害克服の経験や技術を活用し、広域性の観点から大陸からの移流による汚染物質削減のため、平成26年度から中国の諸都市と都市間連携事業を実施し、平成30年度までに、専門家の派遣(延べ107回421人)、研修生の受入(延べ37回222人)、共同研究等を実施してきました。これらの取組は、中国のPM2.5濃度の減少(平均35%)や各都市の環境管理能力向上の一助となりました。 このような成果を受けて、2021年度まで本事業が延長されることになりました。

 本市が協力している都市は、中国の上海市(しゃんはいし)、天津市(てんしんし)、武漢市(ぶかんし)、唐山市(とうざんし)邯鄲市(かんたんし)、大連市(だいれんし)の6都市です。

(

連携協力している中国諸都市の地図
訪日研修の写真
訪日研修
専門家派遣(セミナー)の写真
専門家派遣(セミナー)
共同研究の写真
共同研究

このページの作成者

環境局環境国際部環境国際戦略課
〒805-0062 北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 北九州市国際村交流センター3F
電話:093-662-4020 FAX:093-662-4021

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。