ページトップ
ページ本文

自然環境調査結果

更新日 : 2019年3月20日

市内の自然環境の状況を把握するため、代表的な生き物やその生息環境の調査を実施しています。

自然環境調査の結果は、第2次北九州市生物多様性戦略の推進や環境アセスメント、環境配慮の促進に関する基礎資料として利用しています。

曽根干潟

曽根干潟は、小倉南区の曽根新田の海側に広がる517ヘクタールの干潟です。そこに、竹馬川、大野川、貫川、朽網川が流れ込み、1年間に約7,000万立方メートルの淡水と、約3,300トンの土砂が運ばれています。

干潟の地盤は、大野川の河口付から間島の西側で若干高くなっています。

干潟の底質は砂と泥が混ざった砂泥質干潟で、竹馬川河口の南側や貫川河口から朽網川河口の前面に泥場が広がっています。


曽根干潟(航空写真)

曽根干潟環境調査(鳥類調査)結果

曽根干潟及びその周辺地域に飛来する鳥類の種類や数を調査することにより、干潟の重要性や特性を評価し、保全することができます。

曽根干潟環境調査(底生生物調査)結果

底生生物は底質の性状や変化を反映する指標生物であるとともに、鳥やカニ、カブトガニなどの餌生物として干潟の生物多様性を維持する重要な生き物です。

曽根干潟環境調査(底質調査)結果

底質の物理的・化学的な性状を調査することにより、干潟の形状や特質、有機物量や基礎生産量などが明らかになります。

底質は干潟生物の分布に大きな影響を及ぼす基本的な環境であり、その変遷を継続的に見守っていくことが重要です。

関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。