ページトップ
ページ本文

平成14年度版

北九州市環境基本条例の規定に基づき、本市では、毎年、環境の状況及び環境の保全に関する施策を明らかにした報告書(北九州市の環境(環境白書))を作成し、公表しています。

まえがき

  私たちを取り巻く社会は、生活排水による水質汚濁、自動車による大気汚染や騒音問題といった都市・生活型公害から、地球温暖化、オゾン層の破壊などの地球環境問題まで、複雑・多様化した課題を抱えています。 美しい地球環境を守り育て、次の世代へ引き継いでいくことは、私たち一人ひとりの責務であると考えます。

 北九州市は、かつて、産業の興隆の一方で激甚な公害に直面しました。しかし、市民・企業・研究機関・行政が一体となってこれを克服し、その公害克服の技術やノウハウを開発途上国・地域への環境国際協力に活かしてきました。 現在では、次世代を担う環境・リサイクル産業の振興などの先駆的な取組を進め、新たな世紀のモデルとなる「環境未来都市」づくりにまい進しています。
 昨年、八幡東区の東田地区で開催した「北九州博覧祭2001」では、「環境」を主要テーマの一つとし、多くの方に入場していただきました。 この博覧祭では、本格的なゼロエミッションに取り組んだほか、市民ボランティアの皆さんのホスピタリティあふれる来場者へのもてなしや環境イベントの実施などを通じ、環境に関する新たなメッセージを広く内外に発信することができました。今後は、この博覧祭で培われた市民の皆さんとの信頼のきずなを活かして、「環境未来都市」の創造に向けた取組をさらに進めていきたいと考えております。

 本市が目指す「環境未来都市」を実現するには、市民、事業者、行政のパートナーシップのもと、一人ひとりがライフスタイルや事業活動のあり方を見直し、環境にやさしい取り組みを積極的に進めていくことが重要です。
 今後とも、市民・事業者の皆様のより一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。 

 本書は、平成13年度の本市の環境の現状とその対策をまとめたものです。今後、地域における環境保全の取組を一層推進していくには、私たち一人ひとりの意識の変革と連携した行動が重要となります。 その意味からも、本書が市民・事業者の皆様に広く活用され、本市の環境保全行政に対しご理解とご協力を頂ければ幸いです。

平成14年9月

北九州市環境局長
大庭 清明

本文

各章の詳細は、章のタイトルをクリックして下さい。

参考資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局総務政策部総務課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2173 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

北九州市の環境・環境首都レポート

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市民のこえ(ご提案・ご相談)
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時