ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 交通・道路・駐車場等 > 拠点間BRT形成事業について
ページ本文

拠点間BRT形成事業について

BRT(連節バス)の導入概要

目的

 本市では、人口減少、超高齢社会、バス乗務員不足に対応した持続可能な公共交通ネットワークの再構築を図るため、小倉~黒崎間を中心に拠点間BRT(※)の形成に段階的に取り組むこととしています。

※BRTとは「Bus Rapid Transit(バス・ラピッド・トランジット)」の略。日本語訳で「バス高速輸送システム」
 連節バス、PTPS(公共交通優先信号)、バス専用道、バスレーン等を組み合わせることで、速達性・定時性の確保や輸送能力の増大が可能となる高次の機能を備えたバスシステムのこと。

運行事業者

西鉄バス北九州株式会社

連節バス導入計画

2019年度 2台 (「CITARO-G」メルセデス・ベンツ製)
2020年度 4台
2021年度 4台 の計10台

連節バス画像
連節バス画像

2019年度の運行ルート

・小倉~黒崎間【特快】
・小倉~戸畑間【25番】※朝ラッシュ時のみ

今後のスケジュール

運行開始 : 2019年夏頃

このページの作成者

建築都市局計画部都市交通政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2518 FAX:093-582-2503

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。