ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 災害対策の取組 > 河川の増水に備えた情報提供
ページ本文

河川の増水に備えた情報提供

更新日 : 2021年9月1日

 北九州市では、大雨などによる河川の増水に備え、様々な情報の提供を行っています。
 日頃から河川の情報に興味をもっていただき、災害から命を守るための行動にお役立てください。

河川のリアルタイム情報について

 「防災情報 北九州」では、市民の迅速な避難行動に生かしてもらうため、主な河川の水位観測情報や河川監視カメラ画像を公開しています。

 河川水位観測情報ページ(北九州市)(外部リンク)

 河川ライブカメラページ(北九州市)(外部リンク)

 国土交通省の「川の防災情報」や福岡県の「福岡県総合防災情報」からも河川のリアルタイム情報をご覧いただけます。

 川の防災情報(国土交通省)(外部リンク)

 福岡県総合防災情報(福岡県)(外部リンク)

北九州市LINEによる河川情報の提供

 北九州市LINEから、ハザードマップやダムの放流情報を入手することができます。

【入手方法】 
(1)LINEで「北九州市」を友だち登録します。
(2)トーク画面で河川流域の「小学校区名」をメッセージに入力すると、現在の放流情報が表示されます。放流が行われている場合は、以下のようなメッセージが表示されます。
 ただし、放流情報は自動配信されるものではなく、メッセージに「小学校区名」を入力する必要がありますので、ご注意ください。

LINEトーク画面
トーク画面(例)
北九州市LINE
北九州市公式LINE

河内貯水池越流警報装置について

河内貯水池とは

 河内貯水池は、板櫃川の上流(八幡東区)に位置する日本製鉄株式会社が管理する工業用水を貯めるための施設です。池の水を放流する機能がないため、河川の水位を調整することはできません。
 そのため、大雨が降り続くと池が満水になり、池の上流に降った雨が池に流れ込み、自然に堰を超えて板櫃川へ流れる仕組みになっています。

河内貯水池
河内貯水池概要図

越流警報装置とは

越流警報装置(写真) 越流警報装置

 河内貯水池が満水になり、一定量を超える水が板櫃川へ流れ始めると、回転灯と音声にて、事前に河川の増水をお知らせする仕組みになっています。

 河内貯水池越流警報装置の仕組み(PDF形式:1747KB)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建設局河川部河川整備課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2281 FAX:093-561-5758

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。