ページトップ

安国寺

更新日 : 2020年6月15日
ページ番号:000009728

 安国寺(小倉北区竪町1丁目)は、室町幕府を起こした足利尊氏が全国に建てたお寺のひとつです。お寺ははじめ、古船場の近くにありましたが、細川忠興が小倉城を建てるときに現在の場所・竪町に移されました。
 また、森鴎外の短編小説「二人の友」に出てくる“安国寺さん”が、この寺の第27代住職であり、鴎外は小倉在住中、師と親交を重ねていました。境内には、芭蕉ゆかりのものをはじめ、1622年(元和八年)最上藩の内紛で細川藩預かりとなった最上光直の墓と、伊達騒動に連座してこの地に流された伊達宗興の墓など、歴史上の人物にまつわるものがたくさん残されています。

木造松尾芭蕉翁像

木造松尾芭蕉翁像

 「月日は百代の過客にして、行き交う年もまた旅人なり...」ではじまる『奥の細道』の作者である松尾芭蕉の木像が安国寺に安置されています。 高さ約40センチメートルの坐像で、芭蕉の弟子、森川許六が、芭蕉が亡くなったあと、大切にしていた桜の木を切って彫ったものだと言われています。

【注】普段は一般公開していません。

柳塚

柳塚

 柳塚も芭蕉ゆかりのものです。文政年間(1810年~1830年)のはじめ頃、小倉の俳人たちが、芭蕉が書いた短冊をうめ、芭蕉をしのんでたてた塚です。
 横長い石には「八九間 空で雨降る柳哉」という短冊にかかれていた芭蕉の句が刻まれています。

最上光直・伊達宗興の墓

最上家のお家騒動

 最上義光の弟で、楯岡城主(今の山形県)であった最上光直は、義光の死後、最上藩のお家騒動に関わり、小倉藩の細川忠利にあずけられました。忠利は、光直を大事にしました。光直は、1629年(寛永6年)に亡くなり安国寺にほうむられました。その後も子孫たちは、細川藩に仕えました。

伊達家のお家騒動

伊達宗興の墓

 小笠原藩2代目藩主忠雄のときの話です。
 仙台藩(今の宮城県)の3代目の藩主であった綱宗は行いが悪く、隠居となりました。そのあと幼い綱村が藩主になりましたが、後見人となった伊達宗勝は藩主の座をねらおうとしました。このお家騒動で宗勝の息子宗興は1671年(寛文11年)小倉藩にあずけられました。伊達宗興は、独眼竜と言われた伊達政宗の孫にあたります。
 宗興は、54歳で亡くなり、安国寺にほうむられました。

このページの作成者

小倉北区役所総務企画課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3339 FAX:093-581-5496

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。