ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 商・工業振興 > 企業支援 > オンリーワン企業 > 「第4回北九州オンリーワン企業」認定式・記念講演会・交流会
ページ本文

「第4回北九州オンリーワン企業」認定式・記念講演会・交流会

更新日 : 2019年3月18日

 平成27年7月3日(金曜日)、北九州イノベーションギャラリーにおいて、第4回「北九州オンリーワン企業認定式・記念講演会」を開催しました。
 「北九州オンリーワン企業」は独創的な製品や技術、サービスを提供する優れた中小企業を市が認定し、本市の看板企業として積極的にPR、販路開拓等を支援していく制度です。
 認定式には約100名の企業経営者や市民等の参加がありました。

認定式

 認定式では、北橋市長から第4回認定企業6社の代表者に認定証を手渡した後、各企業を映像で紹介、各社の代表者からご挨拶をいただきました。

<前列右から>(株)西原商事 西原専務、(株)七尾製菓 原田社長、
 九州鉄道機器製造(株) 大野社長、環境テクノス(株) 鶴田社長
<後列右から>法政大学大学院 坂本教授、(株)極東製作所 椛山社長、
 北橋市長、(株)オーネスト 大村社長、大川産業経済局理事

認定企業のみなさまの記念写真

認定証

 認定証は小倉織の今年の新作をベースに作成。内側には認定製品・技術・サービスを紹介したステンレスプレートを貼り付けています。

認定証の写真

記念講演会

「いい会社になるための100の指標」法政大学大学院教授 坂本 光司 氏

 記念講演会では、坂本先生が7,500社を超えるフィールドワークから導き出した「いい会社の条件」をお話いただきました。
 まず、「いい会社は例外なく社員や家族を大切にしています」と始まり、「新しい価値や技術を創造するのは社員であり、それを支えている家族です」と、社員を本当に大切にしているか否かの分析指標として、100の指標が示されました。
 「企業の目的は人を幸せにすること」であり、今回のオンリーワン企業を始め、これまで訪問した「いい会社」では、説明する言葉は違っても、会社に共通した理念だと感じているとのこと。
 また、今後の企業の発展にとって重要なのは、これからの生活の担い手である高齢者、女性、障害者の雇用とのことでした。
 最後に、「人が幸せになる方法はひとつ、人に感謝されることです。その殆どは働くことによって得られる。だから、お金のためではなく、幸せな人生を送るために、みんな働きたいと思っている。それが実現できる唯一の場所が会社なのです」という言葉が印象的でした。

交流会

 記念講演会終了後、北九州イノベーションギャラリー「工房棟」において、オンリーワン企業と経営支援機関等との交流会を開催しました。
 交流会には、今回認定された企業のほか、前回までの認定企業のみなさまもご参加くださり、各社の情報交換・交流を深める場としてご利用いただきました。

交流会の様子

このページの作成者

産業経済局雇用・生産性改革推進部中小企業振興課
〒804-0003 北九州市戸畑区中原新町2番1号 北九州テクノセンタービル1階
電話:093-873-1433 FAX:093-873-1434

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。