ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 鳥獣対策 > 野生のサルにご注意ください
ページ本文

野生のサルにご注意ください

更新日 : 2020年11月10日

市内各地で野生のサルが出没しています。

特に10月下旬から今月にかけて八幡西区、若松区で目撃情報が多く寄せられています。

サルを見かけた場合は、危険を避けるために以下のことに気を付けてください。

1 近づかない

 不用意に近づくと襲われることがあります。特に幼児などは危険です。

2 目をあわせない

 目を見つめると、サルが威嚇されたと思い襲われることがあります。

3 大きな声を出さない、驚かせない

 サルの防衛本能を刺激することになるので止めましょう。

4 絶対にエサを与えない、エサを見せない

  人がエサをくれることを覚えるとサルがそこに居ついたり、周囲の人家に侵入するなど地域全体に被害を引き起こす原因となります。また、エサとなるものを屋外に放置しないようにしましょう。

5 戸締りを徹底し、家への侵入を防ぐ

 サルは学習能力が高く、戸や窓から人家に侵入することがあります。2階の窓から侵入することもあるので、十分注意しましょう。

6 飼い犬の被害にも注意

 飼い犬もサルの被害に遭う事例があり、主に小型犬が多いようです。
犬の性別や色、大きさなど、気に入れば、時間帯や場所を覚えて、待ち伏せ、あるいは後をつけてくる傾向があります。
 女性と犬、子どもと犬の散歩が狙われるようなので、注意しましょう。

このページの作成者

産業経済局農林水産部鳥獣被害対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2269 FAX:093-582-1202

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。