ページトップ
ページ本文

8月の野菜(なす、ミニトマト等)

更新日 : 2019年3月18日

なす

なすの写真

  なすは、インド東部から東南部原産と推定されており、世界で広く栽培されています。日本では、8世紀からの記録があり、日本各地にさまざまな品種が存在し栽培されています。
  淡白な味で栄養価も乏しいとされていますが、料理の味になじむため、和洋中華や漬物などに幅広く利用されています。

ミニトマト

ミニトマトの写真

  ミニトマトは最も野生種に近い形態をしたトマトです。もともと小さな実をつける原種を改良し、ミニトマトから一般的な大果のトマトまで品種が分化されました。
  現在栽培されているミニトマトも多くの品種があります。果形は丸形から洋ナシ形まで、果色も赤からオレンジ、黄色まであり、カラフルで食卓が楽しくなります。

スィートコーン

スィートコーンの写真

  スィートコーンはトウモロコシの甘味種で、遺伝的に糖からでん粉への変換が阻害されるため、高い糖含有量を保つ種類です。収穫は実が充実した未成熟の段階で収穫します。収穫が遅れると、実がしぼみ糖度も下がってきます。
  スィートコーンは収穫して時間がたつと、だんだんと糖度が下がってきますので、購入されてすぐに湯がくなど加工して保存した方が美味しく食べられます。

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。