ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 絵画 > 【県指定】紙本著色即非画像2幅
ページ本文

【県指定】紙本著色即非画像2幅

【県指定】紙本著色即非画像(大幅)
【県指定】紙本著色即非画像(小幅)
指定区分 県指定 有形文化財(絵画)
文化財名称 紙本著色即非画像 2幅
名称かな しほんちゃくしょくそくひがぞう
指定年月日 昭和36年1月14日
所在地 小倉北区寿山町6番7号 福聚寺
概要  黄檗絵画とは江戸時代に隠元禅師により伝えられた禅宗黄檗派に関連した絵画で、明清絵画の影響を受けた画風を示している。主なものとして、頂相画(黄檗僧の肖像)や禅機画(禅僧や禅の奥義を主題とする説話的内容)などがあり、特に頂相は師から弟子への伝法の印可(証明)として付与される重要なものであった。喜多元規はもっとも有名な黄檗肖像画家で、寛文3年(1663年)から46年間にわたり作画活動を行っている。広寿山福聚寺は寛文5年(1665年)に創建されたが、この頃喜多元規が同寺に滞在していたと思われる。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。