ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 彫刻 > 【県指定】木造金剛力士像 2軀
ページ本文

【県指定】木造金剛力士像 2軀

【県指定】木造金剛力士像 吽形
【県指定】木造金剛力士像 阿形
指定区分 県指定 有形文化財(彫刻)
文化財名称  木造金剛力士像 2軀
名称かな もくぞうこんごうりきしぞう
指定年月日 昭和32年4月23日
所在地 小倉南区蒲生二丁目8番6号 大興善寺
概要   本像は大興善寺(曹洞宗)の山門に安置されている。2体とも寄木造り(藤原時代初期から行われ、いくつかの材を寄せて造像する)で、体は堂々として威力に満ちている。鎌倉期の仁王像の作風をよく伝えているが、南北朝初期の14世紀中頃の作と思われる。向かって右に安置されている阿形(口を開いている)は、左手を高く上げて金剛杵を持ち、左の吽形(口を閉じている)は、左手を腰の近くに当てて五指を堅く結んでいる。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。