ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 工芸品 > 【県指定】梵鐘 1口
ページ本文

【県指定】梵鐘 1口

【県指定】梵鐘
指定区分 県指定 有形文化財(工芸品)
文化財名称 梵鐘 1口
名称かな ぼんしょう
指定年月日 昭和34年3月31日
所在地 北九州市小倉南区大字貫254番地 芝津神社
概要 この梵鐘は、正平20年(1365・南朝年号)願阿(西光寺に梵鐘を奉納した沙弥祖西の祖父)が白山権現を祀った貫山権現に奉納したものである。天正年間(1573から1592)貫山権現の社坊は大友氏の兵火で焼失したが、この梵鐘だけは残り、寛永年間(1624から1644)常慶院栄尊が小倉領修験所であった岳音寺建立の際、この寺の軒先に吊るして現代に伝えたといわれている。梵鐘には鋳工の名は刻まれていないが、竜頭の中央に突き出た宝珠を乗せる蓮華座の下部左右に空隙をつくる作風により、小倉の鋳物師の作と推定されている。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。