ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 考古資料 > 【県指定】菜園場窯跡 1基 附 出土遺物 一括
ページ本文

【県指定】菜園場窯跡 1基 附 出土遺物 一括

【県指定】菜園場窯跡
指定区分 県指定 有形文化財(考古資料)
文化財名称 菜園場窯跡 1基  附 出土遺物一括
名称かな さえんばかまあと
指定年月日 昭和62年5月9日
所在地 北九州市小倉北区菜園場二丁目2番内
概要   菜園場窯跡は、焚口と焼成室4室の5室からなり、窯跡に「コ」の字状の排水溝を持つ地上式割竹形登窯である。第1室と第2室は1640年代に削平され消滅しているが、第4室の天井の一部、火入部、色見孔や煙道を完全に残すなど近世初頭の窯としては、残存状態は非常に良好である。この窯は、小倉城主細川忠興のお楽しみ窯であったとも伝えられており、さらには試験場、研究所的性格の窯とも考えられている。出土品は単一の特徴を有するものではなく、陶器、白磁など種々の茶陶を焼いたことがうかがえる。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。