ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 有形民俗文化財 > 【県指定】中原嘉左右日記
ページ本文

【県指定】中原嘉左右日記

【県指定】中原嘉左右日記
指定区分 県指定 有形民俗文化財
文化財名称 中原嘉左右日記
名称かな なかはらかぞうにっき
指定年月日 昭和38年12月24日
所在地 八幡東区東田二丁目4番1号 市立自然史・歴史博物館
概要    中原嘉左右(天保2年~明治27年=1831~1894)は、家業の飛脚問屋のほか小倉藩の御用商人、藩の商法方の世話もした幕末期藩財政の支柱的人物である。この日記は慶応4年(1868)4月から嘉左右が没する明治27年(1894)10月までのもので、和紙7,000枚に草書の候文で書かれている。内容は中原屋の取引覚書、業務日誌ともいえるもので、そこから北九州の人々の生活や社会の動向をうかがい知ることができる。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。