ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 天然記念物 > 【県指定】白野江のサトザクラ 1本
ページ本文

【県指定】白野江のサトザクラ 1本

【県指定】白野江のサトザクラ 1本
指定区分 県指定 天然記念物
文化財名称 白野江のサトザクラ  1本
名称かな しらのえのさとざくら
指定年月日 昭和38年12月24日
所在地 北九州市門司区白野江二丁目7番内 白野江植物公園
概要   サトザクラは、オオシマザクラがもとになった自然交雑種や人工交雑でつくられたサクラの総称である。この白野江のサトザクラは、白野江植物公園の入口にあり、通称「母子桜」と呼ばれ、4月中旬頃新葉とほぼ同時に淡紅色の花を咲かせる。この木は、樹皮や花の形はオオシマザクラに類似しているが、花柄とよばれる花を支える枝状の部分やがく筒にかけて細毛が多い点でオオシマザクラや一般のサトザクラと区別される珍しい桜である。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。