ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 登録有形文化財建造物 > 料亭金鍋本館、料亭金鍋表門
ページ本文

料亭金鍋本館、料亭金鍋表門

料亭金鍋本館、料亭金鍋表門
指定区分 国登録文化財(建造物)
文化財名称 料亭金鍋本館、料亭金鍋表門
名称かな りょうていきんなべほんかん、りょうていきんなべおもてもん
登録年月日 平成16年7月23日
所在地 北九州市若松区本町二丁目561番地、522番地、523番地
概要   明治28年に創業した老舗の料亭である。創業当初の建物は被災したため、明治末から大正初めにかけて現在の建物に再建され、現在も料亭として使用されている。本館の重厚な黒漆喰の外観と丸太材を使用した表門は、再建当時の若松の繁栄を今に伝える建築として、また失われつつあるこの地域の歴史的景観の中で貴重な存在となっている。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。