ページトップ
ページ本文

地震による火災に注意!

 平成7年に発生した阪神・淡路大震災では地震により298件もの火災が発生しました。その被害は焼損面積が80万平方メートルを超え、死者6,434人のうち焼死が死因の12.8%を占めるなど、多くの方が火災により亡くなっています。
 また、報道等によると、平成28年熊本地震では16件の火災が発生し、1人の方が焼死されたとのことです。
 さらに、地震による火災は、同時に発生することが多く大規模な火災に発展する可能性があることからも、各家庭においても火災を未然に防ぐことが重要となります。

(総務省消防庁 東日本大震災記録集引用)

地震火災の原因

 地震による家屋の倒壊や家具の転倒により、ガス管や電気配線が破損したり、ストーブなどの暖房器具に可燃物が接触することにより火災が発生します。
 また、地震による停電が復旧した際、スイッチが切れていない電化製品が通電状態となり、火災となる通電火災も多く発生しています。

電気ストーブから出火
使用中の電気ストーブに可燃物が落下し出火!
電気コードから出火
家具の転倒により電気コードが傷つき出火!
観賞魚ヒーターから出火!
水槽が破損し、水がなくなったため観賞魚用ヒーターから出火!

地震火災の予防対策

これまでの地震火災により、さまざまな注意喚起がされています。

  • 震度5以上になると、ガスを自動遮断するマイコンメーターを設置する。
  • 通電火災防止のため、避難時にブレーカーを遮断する。
  • また、ブレーカーの復旧を行なう際は、電気機器や配線等の破損や損傷がないことを確認してから行なう。
  • 熱源機器の目的外使用を控える。(投げ込み式ヒーターでの風呂の湯沸し等)
  • 日頃から照明等にろうそく等の裸火を極力使用しない。 など

感震ブレーカーについて

内閣府・総務省消防庁・経済産業省発行のリーフレットより

地震による電気機器や電気配線等からの火災を防ぐために、感震ブレーカーが効果的であると言われています。

地震による電気火災から「家」や「家族」を守るためにも、感震ブレーカーを設置しましょう。

感震ブレーカとは?

感震ブレーカーは、一定以上の地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気を遮断するものです。
感震ブレーカーにはいくつかの種類があり、分電盤に設置するものや、個別のコンセントに設置するもの、バネや重りを使用した簡易的なものもあります。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。