ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 消防局からのお知らせ > 灯油の取り扱い方法を確認しましょう
ページ本文

灯油の取り扱い方法を確認しましょう

更新日 : 2019年11月7日

消防局規制課からのお知らせです

 灯油を含めた危険物は、取扱いを間違えると大事故に繋がります。

 そこで、今回は灯油を取扱う場合の注意事項をご紹介します。ご自身で確認し、実行してください。また、燃料の灯油等を多量に保管する場合は、届出や許可が必要となりますので、事前に最寄りの消防署へご相談ください。

 灯油を正しく取扱い、安全で安心して生活しましょう。

燃料容器の取り扱いについて

・容器を購入する際には、灯油に対応しているものであるかをお店の人に確認する。
・使用前には、容器にひび割れ等がないかを確認する。
・保管・運搬時は、必ず栓を閉めて密閉する。
・保管は、風雨や直射日光を避け、火気がなく気温差が小さい場所とする。
・地震で転倒したり、落下物によって容器が破損しないように保管する。

暖房機の取扱いについて

・古い灯油は、暖房機に悪い影響を与える場合があるので使用しない。
・燃料タンクの蓋はしっかりと閉め、火気のない屋外で、蓋を下に向けて、漏れがないかを確認する。
・暖房機の近くには布団や衣類などの燃えやすいものを置かず、暖房機の上で洗濯物を干したりしない。
・暖房機の近くでは、ヘアースプレー等のガスが入ったものを使用しない。
・外出等でその場を離れる際は、完全に消火していることを確認する。
・定期的に暖房機の説明書に記載された清掃・点検を行う。
・給油する時は、暖房機のスイッチを切る。

(写真:消防局予防課火災調査係が行った燃焼実験)

消防局予防課火災調査係が行った燃焼実験の写真
消防局予防課火災調査係が行った燃焼実験です

このページの作成者

消防局予防部規制課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3851 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。