ページトップ
ページ本文

消毒用アルコールを使用する際の安全対策について

更新日 : 2022年6月28日
ページ番号:000154215

 今般の新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、手指の消毒等のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。

 火災事故を防止するため、消毒用アルコールを使用する際は、以下のことに十分ご注意ください。

注意事項

  1. 消毒用のアルコールは火気の近くで使用しない。
  2. 消毒用のアルコールを容器に詰め替える際は、アルコール蒸気(可燃性)が滞留しないように通気性の良い場所や換気が行われている場所等で行う。
  3. 密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避ける。
  4. 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を避ける。
  5. 消毒用アルコールの容器を落下させたり、容器に衝撃を与えたりしない。
  6. 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意する。

その他

 消毒用アルコールを大量に貯蔵・取扱いする際は、消防法や北九州市火災予防条例の規定が適用される場合があります。

 特に製造企業による増産や各種事業所における保管・使用が増加することに伴い、法令上の手続きや一定の安全対策が必要になることがあります。詳しくは、下記連絡先までお問い合わせください。

参考資料

 消防局が実施したアルコールの引火実験の映像をYouTube上に公開していますので下記のURLからご確認ください。

 また、下記に広報リーフレットを添付していますので、あわせてご確認ください。

消毒用アルコールの引火場面

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部規制課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3851 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

火災予防情報(事業者向け)

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市民のこえ(ご提案・ご相談)
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時