ページトップ
ページ本文

老朽化消火器の取扱いについて

更新日 : 2019年3月1日

廃消火器リサイクルシステム

消火器の安全な回収のため、新制度が平成22年1月から全国一斉にスタートしました。
廃消火器リサイクルシステムでは、特定窓口又は指定引取場所が回収(有料)の窓口となります。

※ 一般家庭ごみとして捨てることはできません。

※ 使用期限切れ等の消火器を廃棄する場合、下記の外部リンクからお近くの特定窓口又は指定引取場所を検索していただき、必ず手数料等に関しお電話等で事前にご確認ください。

サビ・キズ・変形等のある消火器は絶対に使用しないでください !

消火器は圧力容器です。サビ・キズ・変形のある消火器には強度上危険が伴います。
サビの発生・変形や塗装の剥離のある耐用年数の過ぎた消火器は、決して使用しないで新しいものと取り替えてください。

消火器の耐用年数は、おおむね10年です。これを過ぎた古い消火器のほか、耐用年数内でも次のようなサビ、腐食、変形、キズ、などが見られる消火器は強度上危険です。

消火器の底が腐食した画像
【本体容器】
消火器の本体にキズがある画像
消火器のキャップが劣化している画像
【キャップ】
消火器のキャップが割れている画像

※ 写真:社団法人 日本消火器工業会提供

消火器は初期消火に有効です!
日ごろから適正な維持管理をお願いします。ご家庭でも半年を目安に点検されることをおすすめします。 

老朽消火器に関する連絡・相談窓口について

お手持ちの消火器の製造メーカーをご確認の上、当該メーカーへ直接お問い合わせください。

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。