ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・市民活動・男女共同参画 > 男女共同参画 > ワーク・ライフ・バランス > 芳野病院、TOTOが「ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞
ページ本文

芳野病院、TOTOが「ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞

更新日 : 2019年3月25日

 医療法人寿芳会芳野病院とTOTO株式会社が、ワーク・ライフ・バランス等の取組みが評価され、「第6回ワーク・ライフ・バランス大賞」優秀賞を受賞しました。福岡県内の事業所としては今回初めての受賞で、全国の受賞企業7社のうち、本市を拠点とする2社が入賞するという快挙を成し遂げました。

市長表敬訪問の写真
平成24年12月25日(火曜日)市長表敬訪問

取り組みの主なポイント

医療法人寿芳会芳野病院

現場での業務改善の工夫と多様なシフト勤務により、マンパワー不足に対応

  • 医療の質を保つための人材獲得に向け、院長直属の推進室を設置。複数の患者さんをチームで担当する「固定チームナーシング」や夜勤専従看護師の登用、業務内容が比較的近い病棟のユニット管理などの工夫で、マンパワー不足を解消。
  • 短時間勤務制度の導入により、シフトの多様化(57 種類)が可能となり、就業の難しい人材の確保に繋がった。手厚い看護サービスが提供可能な看護施設基準で中小病院では難しいといわれる7:1看護を取得し、顧客満足度も向上。

TOTO株式会社

生活者視点が持てるよう労働時間見直しで意識改善し、社会貢献活動も増加

  • 「働きやすい環境作り」を目標に、介護の短時間勤務の取得期間の上限廃止や、時間有給制度(1時間単位で年5日(40 時間)以内)の導入。また、全国のボランティア活動へ参画できるよう、イントラネットに全国の募集情報の見える化を実施。
  • この結果、介護・育児休暇・短時間等の制度利用者は、2008 年男性65 名・女性258 名から、2011 年男性72 名・女性441 名と年々増加。ボランティア活動参加者は2012 年4~9月で13,897 人。

ワーク・ライフ・バランス大賞

 企業・自治体・労働組合など各界でのワーク・ライフ・バランス推進における多方面にわたる取り組み・活動を活発化し、普及・啓発を図ることを目的に、公益財団法人日本生産性本部を事務局とする「次世代のための民間運動~ワーク・ライフ・バランス推進会議~」が平成19年度から実施しています。

このページの作成者

総務局女性の輝く社会推進室女性活躍推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2209 FAX:093-582-2624

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。